パソコンのハングアップによる不具合を修復するには?

ハングアップとはアプリケーションソフトウェアの動作が急に止まってしまい
キーボードやマウスの操作が利かなくなるフリーズした状態のことで、
この問題を改善しようにも操作ができないので、そのまま本体のリセットボタンを
押すか電源を一度切る措置を取るケースが多くなります。
しかしこの方法は、稀にレジストリやシステムファイル・ハードウェアの損壊を
招く可能性がありますので、本来はあまり使われるべきではない対処手段です。
まずは、すぐに電源を消されずに暫くの時間そのままの状態で待ってみましょう。
CPUのスペックやメモリの容量が低いPCでは、ソフトウェアの動作に遅延が起こり一定の間操作が
利かなくなり、ある程度経ったら読み込み処理が完了して元に戻るケースはよくあります。





次に、例としまして、Dell Latitude E4200のノートパソコンで急にモニタ画面が真っ暗に消えて、
その後画面は直ぐに元の画面に戻るものの、マウスパッドもキーボードを叩いても
何の反応もなく、電源ボタンを長押しして強制終了している状態が続いていて、
動作が効かなくなるトラブルはどうすれば修復できる?というご質問について。
フリーズしてしまったような場合の原因としましては、以下のような多くの理由が考えられます。
・Windowsの長年の使用でレジストリの肥大化が起きている。
・ハードディスクの「セクタ」の断片化が発生している。
・CPUや電源のファンに埃が溜まって熱暴走が時々起きている。
・デバイスの接触不良が出ている。
・重いプログラムのインストールやアップデートをした影響。
・メモリの容量不足でエラーやフリーズが起きやすくなっている。
・アプリケーションやデバイスを多く入れすぎている。
モニタのバックライトや キーボード、マウスに物理的な故障はなさそうであれば、
Windowsの起動ディスクでOSの修復インストールかリカバリーを 実行すれば、
システム的なトラブルの場合はほぼ確実に修復できます。
E4200の中がホコリでだいぶ汚れていそうだったり、メモリやCPU、HDDの使用量がすぐに
埋まってしまう場合は、一度、ノートブック本体を修理や部品交換に出した方が良いです。
30分~1時間以上経ってもPC全体がフリーズ状態のままでキーボードやマウスが
まったく受け付けられない場合はHDDランプを見て、書き込み中でないことを
確認してから再起動する、または電源をオフにされてみてください。
もしその後、データやシステムの一部に異常が出ていた場合は
『システムの復元』ツールなどで修復作業を行われてみるか、プロのパソコン修理店に
問い合わせて直してもらわれることをお薦めします。