破損したデータファイルを修復するフリーソフトとは?

パソコンをはじめとするコンピューターで、データを保存・管理するプログラムである、
テキストファイルやバイナリーファイル(File)は、様々な文字の拡張子名で、
HDDやSSD、外付けハードディスクといったストレージの、記憶領域のフォルダーに保管されています。

しかしたまに、ソフトウェアのアプリケーションエラーにより、上書き保存の時にファイルが破損したり、
コンピューターウィルスの感染などで、拡張子が破壊されてしまう場合があります。

他に、プロパティの表記でファイルの大きさが0バイトと表記されていたり、
バックアップやコピーペーストの失敗で予備データが壊れている、といったトラブルも存在します。

このような問題が出た時には、どのようにすればファイルを修復することができる?という疑問について。

壊れたデータの復元ができるユーティリティとは?

まず、破損したファイルは、エクセルやワード、パワーポイントのヘルプ機能など、
ソフトウェアに搭載されたツールを使った対処法で直ることもあります。

(まだファイルのウィンドウを閉じていなくて、メモリに一時データが残っている状態でのみ、
 元の状態への回復ができる場合もあります。)

ですが、通常機能の手順では、壊れた拡張子が以前の状態に戻らないケースも多いです。

そんな時には、壊れた各種ファイルの拡張子おきの、
専用のデータの復元のフリーソフトウェア(ユーティリティ)を用いた修復の方法が使えます。

一方で、一般の個人でできる作業にはやはり限度が出てくるため基本的には、
プロのデータ復旧サービスに問い合わせて、壊れたファイルを修復してもらうのがより確実です。




破損した拡張子の復活をする作業の前の注意点

次に、パソコンのハードディスクやSSD、外付けのストレージなどのディレクトリ上に、
ファイルの形さえまだ残っていれば、修復の作業を専門のツールを使用して作業を行うことで、
破損したデータを元の形に復活できる見込みもあります。

注意点としまして、コンピューター上で取り扱うデータの拡張子を修復する場合には、
壊れて開けなくなった後も、決して勢いでそのまま削除されないようにしましょう。

フリーソフトウェアの場合は、エクセルや画像のデータなど、
特定のファイルの拡張子の修復に特化したアプリケーションソフトも多いです。

またデータ復元のソフトウェアには、間違えてファイルを削除した場合のみの復旧機能のものもありますので、
プログラムのダウンロードの際には、拡張子が破損した場合とでお間違えのないようにご注意ください。




損壊したファイルの修復用フリーウェアの一例

例として、Vectorにて、フリーのデータ復元ソフトをダウンロードすることができます。

JPEG REMEMBER』v1.35(ジェイペグ・リメンバー)

JPEG(ジェイペグ)の画像ファイルが損壊している状態から、正常に復旧させるツール。

CD/DVD Data Recovery』(CD・DVDデータ・リカバリー)

CDやDVDのディスクに書き込んだファイルが損傷している場合の、専用のデータ復活のツール。

大抵の拡張子でしたら、修復に対応しています。

また、海外製のフリーウェアを入手する方法もあります。

Zip Repair』(ズィップ・リペアー)

ZIPの圧縮ファイルが壊れた状態の修復用フリーソフト。

ソフトウェアでできる方法としては、ある程度のデータを修復できる見込みがあるのですが、
あまり損傷がひどい場合はリペアが難しくなるため、
その際にはデータ復元のサービスセンターに注文をして、修復をしてもらわれることをおすすめします。




有償のアプリケーションソフトウェアとの違いとは?

次に、これらの復旧プログラムはフリーソフトである分、データリカバリーサービスに比べて、
やはり使用できる機能や対応されている拡張子が限られています。

市販の製品の違いとして、例えば自宅・自社のデスクトップパソコンやノートパソコンで、
そのフリーソフトで対象外のファイルを直したい時や、複数で大容量のデータをまとめて修復したい場合は、
といった有償のアプリケーションソフトウェアを使われることをお薦めします。

また、画像データを復元できる便利なフリーソフトについては、こちらのページにて。

ExcelやWord、Access、PowerPointといったOfficeのユーティリティで取り扱う拡張子を修復する際には、
ファイナルデータといったシェアウェアは、本体の製品を購入する前に、
フリーの体験版を入手して、購入の前にストレージのスキャンだけを先に行ってみることもできます。

専門のデータ復旧サービスで直してもらう

しかし、それでも自身でフリーソフトを用いてできる手法では、
多数のファイルを復元する際に、ドライブスキャンでデータの検出が十分にできなかったり、
一部のファイルが拡張子の破損した状態で修復されるケースも出やすいです。

より確実には、やはり専門のデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
壊れたファイルのプログラムなどを直してもらわれることを推奨します。