上書き保存前に閉じたソフトの作成データは復元可能?

アプリケーションソフトやインターネット・エクスプローラーの起動中、作成したファイルや書き込みの
データが上書き・保存の前に消えてしまった、というケースはパソコンを使っているとよく起こりますよね。

主なデータ消失の一例

・間違って右上の赤い×ボタンを押して閉じてしまった。
・変更を保存しますか?の、選択メッセージで『いいえ』を押してしまった。
・ソフトウェアがフリーズやエラー発生で強制シャットアウトしてしまった。
・停電やコンセントの引っ掛けで電源が切れてPCが閉じてしまった。
・空き容量不足など、何らかのエラー障害で上書き保存ができなくなった。
・ネットのプログラムで保存ボタンを押したらDBエラー画面等が出てしまった。
・一度電源をスタンバイモードにした後で、パソコンが開かなくなった。

こういった場合、残念ながらシステムの復元機能やデータ復活ソフトウェアのファイル復元ソフトで
復旧しようとしても、一度保存してから削除したファイルと違ってセクタにデータの痕跡自体が
そもそも最初から存在しておらず、上書き前の状態のみか残っている場合が大半です。

そのため残念なのですがデータ復旧ソフトやサービスでも元に戻らない事が多く、
特にインターネット上などパソコン外部のサーバー情のデーターはほぼ不可能です。

しかし例外として、数十秒~数分おきに自動的に下書き状態のデータが自動的に保存されて
バックアップされている機能の搭載されたソフトウェアやネットサービスでしたら復元することも可能です。





例えばMicrosoftのExcel(エクセル)やWord(ワード)、IBMのホームページビルダー、
またはウェブログなどの下書き自動保存機能付きのWEBサービスなど、
優秀なアプリケーションやウェブサービスには一定時間おきに自動的にデータの状態が
記録される安全なシステムが搭載されています。

次回の起動時に「復元しますか?」という案内メッセージの表示にしたがって復活できます。

しかし、あくまで一部のソフトウェアのみにしか自動保存システムは搭載されていません。

基本的にはやはりこまめに外付けハードディスクやRAIDなどにデータのコピーを保存して、
更に重要なデータはきちんとバックアップを取って保管しておく事が大切です。

バックアップのファイルを保存していなかったデータが失われて、何とかして修復させたい、という場合は、
プロのデータ復旧サービスに問い合わせて、診断と検出作業を施してもらわれる事をおすすめします。



『「プログラムが開けない」のカテゴリーの前後のページ』

«

»