重いファイルが開けない状態を解消するには?

数十MBから数百MBほどの容量サイズを持つ大きな画像ファイルや
音楽・動画・PDF・HTMLなどのファイルが重くて 今あるパソコンで開けない、
または開くのに数分~10分以上かかってしまう、という場合の解消方法について。

まず、パソコンでの読み込みが遅くて開くのに時間がかかる障害は多くの場合では
パソコンパーツのメモリの容量不足あたりが原因で、拡張子ファイルが壊れているわけではなく、
基本的にデータそのものは開いたり閉じたりするだけなら、あまり問題はありません。

しかし専用のアプリケーションソフトウェアで展開する時にやたらと重い場合、稀に上書き保存の際に
書き出しエラーが発生してファイルが損壊してしまう可能性もありますのでご注意下さい。

メインメモリ交換による解決

OSの動作全体的にも当てはまるのですが、重いファイルが開けない状態が
起こる多くの理由は内蔵のメモリの容量が低いことが原因です。

特に近年のOSやソフトウェアの大容量化する傾向の中では、メインメモリの容量が
128MB、256MB、512MBあたりではスペックが追いつかない場合が多いです。

しかし2GB、3GB、4GBあたりの容量のメモリに交換する事で驚くほど性能が変わり、
ファイルを開く読み込み速度も大きく向上して問題も解決できます。

また、拡張子によっては、展開に向いていて対応されている特定のソフトウェアを選んで
ファイルを開く方がスムーズにできる場合もあります。

ファイルを開く

CPU(中央処理装置)は処理能力が8ビットから、16ビット・32ビットの製品に交換して
ハードディスクドライブの最大容量も500GB~1、2TBくらいのものにすると
さらに良いのですが、まずはメモリだけでも替えてみると効果があります。

パーツの交換や分解にあまり詳しくない方はマニュアルをよくチェックして
慎重に換装作業を行われてみて下さい。

パソコン修理サポート店にパーツの交換を行ってもらったり、データレスキューサービスで
ファイルのバックアップと整理の代行作業をして解消してもらうこともお薦めな方法です。





しかしPCの性能ではなく、作成したプログラムファイルの容量が
大きくなりすぎて読み込みやデータ転送がうまくできない、という場合は、
まずは使用しているアプリケーションソフトを一度見直されてみてください。

例えばグラフィックソフトでは、JPEGなどの形式で保存する場合に
使用しているソフトの種類によって同じファイルでも大きさが違うこともあります。

AdobeのPhotoshop(フォトショップ)やIllustrator(イラストレーター)でしたら
通常、比較的小さい容量での『名前をつけて保存』ができます。

また、同じ画像ソフトでもバージョンの高いソフトの方が少ないバイト数で保存できるパターンもあります。

BMPやPSD、MP3など巨大なサイズのファイルを何十、何百と作る際には、圧縮ソフトによって
lzhやzipにより1つのファイルにまとめて容量を小さく圧縮して保存することもできます。

この方法で複数のデータの一括転送を行う際にも、速度的な手間の解消に大変便利になります。

ファイルが重いからではなく破損しているために開けなかったリ、パソコンのメモリやCPUのスペックが
足りずに開けない場合は先に一度PC機器やデータの復旧サポート店にご相談をされてみましょう。



『「プログラムが開けない」のカテゴリーの前後のページ』

«

»