iPadの写真データをバックアップして復旧するには?

Appleから発売されているタブレット端末の「iPad」(アイパッド)のシリーズでは、
デスクトップパソコンやノートPC、サーバ、スマートフォンと同じく、
写真画像やムービー、テキスト、住所録、メールなど、様々なデータを取り扱うことができます。

一方でiPadには他のタブレット端末と違い、SDカードなどのメモリーカードを、
本体に差し込んで読み込みできるコネクタが搭載されていないため、
そのままでは作成・編集したデータを、別の場所に書き込みすることができません。

そこで、iPadの写真データを手動でバックアップ(Backup)して復旧をするには、
どのように実行すればいい?という疑問について。

iPadから写真画像のファイルのバックアップを行う方法とは?

まず、iPadでは少し特殊な方法をメインにして、バックアップを行う必要があります。

・Apple製品専用の管理機能があるソフトのiTunes(アイチューンズ)を、
 パソコンにインストールして同期させた時に、データのバックアップを取る方法。

・MacパソコンやiPhoneの内部ファイルを、自動で転送できるクラウドコンピューティングサービスの、
 iCloud(アイクラウド)などにアクセスして、主要なデータをネットワークで送信する方法。

また、カメラ機能で撮影した写真画像のファイルは、パソコンにUSB接続をすることで、
手動で直接、いつでも簡単にデータのバックアップを取ることができます。

ほか、専用の装置を使ったり、専門のサービスでデータの保存や復元をしてもらうことができます。




アイパッドをパソコンに同期接続して開く

まず例として、お使いのデスクトップPCかノートパソコンに、
付属のUSBコードを繋げて、USBポートからiPadを接続してください。

またiTunesを通して同期をする前に、WindowsのエクスプローラーやMacのFinderでのサイドバーには、
この時点で「Apple iPad」(ポータブルデバイス)という、フォルダーへの項目が表示されます。

これを開くと「Internal Storage」(インターナル・ストレージ)というディレクトリが出て、
その中に「DCIM」のファイルフォルダーが格納されています。

また、DCIMの内部の更に個別のフォルダーに、カメラ機能で撮影した写真や、
特殊な機能やアプリでカスタマイズした画像データなどが収納されています。

そして、これらを選択してパソコンの中のフォルダーにコピーペーストをすることで、
手動でアイパッドのデータのバックアップを、簡単に行うことができます。

間違えて削除したファイルをリカバリーするには?

一方で、バックアップがない時点で間違えてiPadから必要なファイルを削除した時は、
iPadの場合はSDメモリーカードを直接は差し込みしないで使用する端末ということもあり、
一般の個人で内部のデータを復元するのは困難になります。

その際には、タブレット端末の論理障害に対応されています、
プロのデータリカバリーサービスに出して、修復の措置をしてもらわれることを推奨します。

iTunesの「バックアップから復元」の機能を使う

次に、パソコンにインストールした管理ソフトのiTunes(アイチューンズ)を使って、
一部のフォルダーのデータを一括でバックアップすることもできます。

まずiPadを同期接続して、iTunesを起動してから、「ファイル」のタブにある、
「デバイス」の項目の「バックアップ」の機能で、必要なデータを保存してください。

後にファイルを元に戻すには、「バックアップから復元」を使用してください。

また、iPadの「インポート」の機能で後から一括でデータを元に戻すこともできます。

新しくアイパッドの本体を買い替える時も、iTunesからのデータの移行の方法が便利です。

液晶モニターが破損して閲覧できなくなった時は?

次に、iPadのデジタルカメラの機能が故障して写真が撮影できなくなったり、
液晶モニターが破損して画像や映像動画のデータが閲覧できなくなった場合の対処について。

まず、カメラ機能のレンズや液晶のディスプレイが破損しただけであれば、
内蔵のフラッシュメモリとそちらに保存されたファイルは、まだ無事である可能性が高いです。

電源が立ち上がれば、パソコンへの同期接続によって写真や動画のデータを引き出すことができます。

また、壊れた携帯電話の記録メモリーのデータを窓口で回収してもらえるサポートについては、こちらのページにて。

一方で、基板やボタンが破損していて起動ができない場合は、内部のデータを残したままで、
iPadやiPhoneの修理をしてもらえる私設の修理サービス店で、端末を直してもらう方法もあります。

SDカードを専用のカードリーダーで接続する方法もある?

次に、iPadやiPhoneに対応された市販のSDカード対応のカードリーダーを差し込みする形で、
外部の補助記憶装置を接続して、ファイルの移動やコピーをする方法もあります。

microSDメモリーカード用の差込口もありますので、専用アダプターを使わずに接続することもできます。

また、製品によってはUSBポートが付いているカードリーダーもありまして、
そちらで外付けHDDケースやUSBメモリを接続して、データのバックアップや移行をすることもできます。

しかし、写真画像といった一部のファイル以外は、ここからでは通常開けないので、
やはりiTunesやiCloudを使って、外付けハードディスクやRAIDケース、NASなどに、
いつでもデータの復旧ができるように、一通りのバックアップを行われることを推奨します。

データ復旧サービスセンターで拡張子を救出してもらう

ですが、iPadのタブレット端末(Tablet device)の本体自体が故障して電源が付かなくなると、
内部のデータの読み出しができなくなり、またパソコンと違い、
一般の個人ではモバイル端末にある壊れたパーツの交換は困難になります。

そのため、大事なファイルの拡張子を救出したい、という際には、
やはりタブレットPCに対応された、データ復旧のサービスセンターに問い合わせて、
診断と回収の作業をしてもらわれることをおすすめします。