iPadの写真データを手動でバックアップ

Appleから発売されているタブレット端末「iPadシリーズ」(アイパッド)はパソコンやサーバと同じく
写真やムービー、テキスト、住所録、メールなど様々なデータを取り扱う事が出来ます。

iPadには他のタブレット端末と違いSDカードなどのメモリーカードを
差し込んで読み込みできるコネクタが搭載されていないため、
そのままでは作成・編集したデータを別の場所に書き込みできません。

そのためiPadでは少し特殊な方法をメインにしてバックアップを行う必要があります。

・アップル製品専用の管理機能の「iTunes」(アイ・チューンズ)を
 PCにインストールして、同期させた時にバックアップを取る方法、。

・アップル製品の内部ファイル保管のためのクラウドコンピューティングサービスの
 「iCloud」(アイ・クラウド)にアクセスして主要なデータを送信する方法。

ですが、カメラ機能で撮影した写真画像のファイルは、
パソコンにUSB接続する事で直接手動でいつでも簡単にバックアップを取る事が出来ます。





まず、お使いのデスクトップパソコンかノートパソコンに
付属のUSBコードを繋げてiPadを接続します。

iTunesを通して同期させなくても、マイコンピューターやフォルダのサイドバー上には
この時点で「Apple iPad」(ポータブルデバイス)という項目が表示されます。

フォルダ

これを開くと「Internal Storage」(インターナル・ストレージ)という
フォルダが出てきて、その中に「DCIM」のファイルフォルダーが格納されています。

DCIMフォルダの更に個別のフォルダに
カメラ機能で撮影した写真や、特殊な機能ででカスタマイズした画像が収納されています。

これらを選択してパソコンの中のフォルダにコピーペーストして、手動バックアップを簡単に行えます。

しかし写真以外のデータはここからでは通常開けないのでiTunesやiCloudを使って
また別に、外付けハードディスク、NAS、RAIDなどに、いつでもデータ復旧ができるように
ファイルのバックアップを行ってください。



『「ノートパソコン」のカテゴリーの前後のページ』

«

»