壊れた携帯電話の記録メモリーのデータは窓口で回収できる?

今までに使っていた携帯端末が壊れてしまった時は、メモリーカードに記録された電話番号や、
ほか電子メール、ブックマーク、着信履歴、アプリケーション、エディタ、設定事項などの、
貴重で膨大なデータもまとめて失ってしまう?

また、どのようにすれば記録メモリーに残っているデータを回収することができる?という疑問について。

携帯電話やスマートフォンが故障するトラブルの例

・うっかりケータイを水の中に落として、破損してしまった。

・コンクリートなどの下に落として、損壊させてしまった。

・スマートフォンを足で踏んづけて、液晶モニターの画面を割ってしまった。

・ヒーターなどの熱気で、端末の回路を故障させてしまった。

・通電を長期間していなかったら、いつの間にかモバイル・コンピューターの装置が壊れていた。

ある日、それまで使っていたガラケーの携帯電話やスマートフォンを、
上記のようなミスで、物理的に壊れてしまうトラブルのケースに遭遇されてしまうことも時には起こりえます。

ケータイ壊れた時に窓口でデータを回収してもらう

まずは基本として、ドコモ(docomo)、au(エーユー)、ウィルコム(WILLCOM)、イーモバイルといった、
契約した携帯電話会社の窓口のサービス(ケータイショップ)に、
ガラケーやスマートフォンの本体を持って行ってみてください。

製品の機種変更をする際に、内蔵されているフラッシュメモリなどにあるデータを、
新機種に移行してもらえるサービスと同じで、窓口に壊れた携帯電話やスマートフォンを持っていくと、
故障した携帯電話の内部のデータをある程度、そのまますぐに回収してもらえます。




携帯電話の記録メモリーのファイルを回復するには?

例えば、液晶モニターが割れて見れなくなったけれど電源はちゃんと入る、
という状態でしたら、内部のフラッシュメモリまで損壊していなければ、データの回収が可能です。

バックアップされたファイルがない時でも、壊れてしまった端末をケータイショップの窓口に出して、
専用の読み取りの機械で、新しく買い直した携帯電話やスマートフォン(Mobile Phone)の機種に、
そのまま電話帳をはじめとする必要なデータを移行してもらうことができます。

また、たとえばauでのデータ移行(バックアップ・復元)の方法なども参考までに。

電話帳などの必要なファイルのバックアップがなかった場合には、なるべく確実的に直すには、
プロのデータ復旧サービスセンターへ注文をして、故障した携帯電話を受付の窓口か郵送にて提出をして、
記録メモリーに保存されている、開けなくなったデータの回収をしてもらわれることをおすすめします。

バックアップサービスからデータを復旧するには?

次に、同じように決定ボタンや数字ボタンが壊れて一部の入力ができない時や、
電子カードの差込口が破損してメモリーカードなどが入らなくなった場合について。

まず、こちらも同じようにケータイショップでデータを救出できる見込みも十分にあります。

電話帳などのバックアップサービスを、事前にセットして使っていればより確実です。

また、携帯電話の本体の電源が入らなくなって深刻な故障が起きた場合も、
内蔵しているmicroSDメモリーカードの方は無事である場合も多いです。

そちらをケータイの端末の本体から抜き出して取っておいて、後でファイルを復旧することもできます。

また、古い携帯電話の機種のメモリーのデータは復旧できる?という疑問について詳しくは、こちらのページにて。

カードリーダーからパソコンにSDカードを接続して復元

次に、パソコンをお持ちであれば、後で自分でUSBカードリーダー/ライターに差し込んで、
USBコネクタから接続して、PC上のファイルブラウザーか管理ソフトウェアにて、
携帯電話やスマートフォンの、一部のフォルダーやmicroSDメモリーカードの内部を開くことができます。

そちらから、内部のデータをバックアップするのも一つの保存の方法です。

しかし、ケータイの本体が壊れてしまった時の衝撃が強すぎて、
もし携帯電話の内部のメモリーカードやほかのパーツまで壊れてしまっていて、
窓口の備え付けの機能でも読み込まなかった場合は、受付の方に相談をされてみてください。

水分の浸入で内部の回路がショートしたり、落雷の影響や高温、低温にさらされて、
物理的に携帯電話やスマートフォンが破損して壊れた時は、それ以上は無理に起動しないようにしてください。

ひとまず壊れた携帯電話はショップの窓口や送付でお預かりをしてもらい、
カスタマーサポートの長期保証サービスで修理をしてもらうことをおすすめします。

SDカードの方も壊れて読み込めない、という場合は、やはり専門のデータ復旧サービスにて、
回収の作業を依頼して、内部データの取り出しを注文されてみることをおすすめします。