キーボードの一部の文字が打てない時に修理するには?

デスクトップパソコン本体に付属している、または買い替えたキーボードや、
ノートパソコンのキーボードを日々文字入力や画面操作にお使いの際、
特定の文字が打てなくなった、という場合の修理の仕方について。
まず、たとえばRとYのキーが打てない、といった場合は、
コントロールパネルで「キーボード」を開いて状態を確認します。
ウィンドウの右上にあるボックスに
「コンピューターの簡単操作」と入力して「キーボードの動作の変更」を押します。
フィルターキー機能など何かチェックが付いていたらそれを外して「OK」を押します。
または「デバイスマネージャー」のキーボードデバイスを
一度「削除」して、パソコンの再起動をされてみてください。
ファイルの送受信中で待機している時でも、設定次第ではキーボードに
30分ほど触れていないとパーソナルコンピューターにロックがかかります。
これを1時間、2時間、それ以上に延長するには、スタート⇒コントロールパネル
⇒パフォーマンスとメンテナンスの電源オプションなどで待ち時間を変更することができます。
キーボードの製品はよく文字の打ち込みで多用する分、やはり故障修理の頻度は多いです。
PCをはじめとしたデジタル機器の製品が破損してしまった時は、
壊れたパーツの交換が主な解決方法になります。
キーが破損したと思われる場合は、そのキーだけ取り外して交換で修理してもらうこともできます。





次に、一例としまして、REGZA-PC-D731/T7DBを使用中に、キーボードが不調で
「半/全(漢字)」「無変換」「スペースキー」などで押しても全く機能しないキーが出て、
使用開始から1ヶ月ほど前までは普通に使えていて、キーボード(コードレス)のどこかが
接触不良が起きたかもしれず、修理することはできる?というご質問について。
試せることとしまして、まずワイヤレスキーボードの電池(バッテリー)を交換します。
次に、REGZAのディスプレイの裏側の右下あたりにあるカバーを外します。
次に、キーボードの電池のカバーを開けます。
パソコンとキーボードの「コネクトボタン」をそれぞれ押して、再認識させます。
それでも元に戻らなかったら、コントロールパネルのデバイスマネージャーで
「キーボード」の項目を開いて、正常に認識されているか確認します。
もしエラーマークが出ていたら一旦削除をして、再度接続してインストールします。
それでもまだエラーが起きたまま、またはハードウェア的に機材が壊れていると思われて
直らないようでしたら、TOSHIBAのサポートに問い合わせてみてください。
または私設のパソコン修理サービス店にて、修復をしてもらわれることもおすすめします。