消えたフォルダを復旧するには?

フォルダ(Folder)とは「書類ばさみ」という意味合いで、パソコン・コンピューター上では
拡張子ファイルを整理して格納する特殊な管理用ディレクトリです。

デスクトップ画面上では通常のファイルとは違う形のアイコンで表示されています。(Windowsでは黄色、Macintoshでは緑色)

フォルダの領域中に新しいフォルダを作る事も可能で、PC上やインターネットのサーバー上などで
階層構造にしてデーターを分割整理して保管したり、後に復旧ができるようにするために作成します。

一度作られたフォルダは中身の全てのファイルを削除したり上書き変更をしても通常はそのままコンピューター上に残ります。

しかし、稀に何らかの動作の後で突然、フォルダが消えてしまうミスやエラートラブルが発生する時があります。




フォルダが消える原因の一例

・アプリケーションソフトウェアをアンインストールした時に一緒にフォルダや内部ファイルごと消去されてしまった。
・ハードディスクドライブを長い事使っていて、不良セクタが溜まっていき、保存している領域にエラーが発生して消えた。
・コンピューターウイルスのプログラムが感染して書き換えられた。

まず、ユーティリティソフトをアンインストールすると、ソフトウェアの種類によってはフォルダごと一緒に削除される場合があります。

これを取り戻すには、「システムの復元」「タイムマシン」といった、PCの状態を少し前のポイントまで巻き戻す事で修復を行ってみましょう。

次に、特に多い理由の一つが、保存しているHDDに不良セクタ/ブロックが発生したりしてエラー障害が出ているパターンです。

ハードディスクドライブをしばらく使用していて未整理の状態であったり、
数年間使っていて記憶装置としての寿命が近づくと起こりえます。

OSで使えるスキャンディスクや回復コンソールなどのシステム修復オプションでHDDの論理障害の復元を試してみましょう。

専門のデータリカバリー業者での依頼

これらの回復ツールでも読み込まなかったり、ウィルスプログラム感染など複雑な破損が出ている場合は
プロのデータ復旧サービスセンターの方でフォルダの修復作業を注文されてみてください。

ホームページのレンタルサーバー(ファイルマネージャ)にあるディレクトリは、
HPスペース提供サーバーの使用環境の変更やアップロード用サーバーの入れ替えや
サポート終了などの時にそれまでに作成したフォルダの削除が起きてしまう場合もあります。

ウェブ上にあるデーターの復元は基本的に非常に難しいため、
なるべくパソコンにもエクスポート機能でバックアップを取りましょう。

ただ、自分自身で所持し管理しているパソコンやサーバ、ワークステーションの内部の物でしたら、
ハードディスクやSSD等の記憶媒体をデータ復旧サービスに送付するか持参をして、復元をしてもらえます。