Shift+Deleteキーで削除したファイルは復元可能?

主にWindows OSのパソコンで使用できるファイル削除操作の方法の一つに、
Shift(シフトキー)+Delete(デリートキー)で消去する方法があります。

マイコンピュータやデスクトップ上のフォルダまたはファイルを選択し、
キーボードのSHIFTキーを押しながらDELETEキーを押すと、
ファイル削除の確認:~~を削除しますか?』というメッセージが出ます。

ここで「はい」を押す事で、ごみ箱フォルダには行かずに直接消去されます。

しかし、この機能をキーボードの押し間違えでうっかり入力して
必要なファイルを消してしまう事態も稀に起こしてしまう事例もあります。

また、ファイルの選択ミスで別のデータを抹消してしまった場合や、後で必要になったけどごみ箱に
無いので元に戻せない、というトラブルの際にはどうすれば復活できる?という疑問について。

まず、Shift+Deleteの操作ではWindowsのオペレーティングシステムがハードディスクドライブの
クラスタへの書き込みを直接変更するため、OS内プログラムの通常の方法では復元する事ができません。





自分自身で削除したファイルを復旧させるには、『ファイナルデータ』や『XTREME Recovery』、
『イージーリカバリー』といった、データ復元ソフトウェアをダウンロード・購入して
新しくパソコンにアプリケーションのプログラムをインストールして専用ウィザードを起動します。

これらのソフトウェアツールにはHDDのセクタにまだ痕跡が残っていれば
そこからスキャン・検出をして復元を行う事ができます。

ただしシフト&デリートキーの操作でクラスタが変形されているため、
ただの削除と違い完全な状態でのファイルの読み直しが難しくなる可能性も十分あります。

また、ハードディスクに新しくデータを書き込むほど回復できる見込みが
下がっていきますので、出来るだけ速く復旧作業に取り掛かりましょう。

より確実に戻すには自分で行うよりもプロのデータ復旧サービス店
注文をして診て貰った方が見込みもわかり、安全に修復作業をしてもらえます。



『「消去した拡張子を直す」のカテゴリーの前後のページ』

«

»