Shift+Deleteキーで削除したデータファイルは復元可能?

パソコンでデスクトップ上のフォルダーまたはファイルを選択して、
キーボードのShiftキーを押しながらDeleteキーを押すと、
ファイル削除の確認:~~を削除しますか?』というメッセージが出ます。

ここで「はい」を押すことで、ごみ箱フォルダーには行かずに直接消去されます。

もし、ファイルの選択ミスで別のデータを抹消してしまった場合や、
後で必要になったけれどごみ箱にないので元に戻せない、といったトラブルの際には、
どうすれば復活することができる?という疑問について。

Shif+Deleteキーでファイルを削除した時は?

まず、WindowsのOSのパソコンで使用できるファイル削除操作の方法の一つである、
Shift(シフトキー)+Delete(デリートキー)で消去する操作の方法を、
思わぬキーボードの押し間違えや選択のミスで入力してしまうと、必要なファイルを消してしまう事態も起こりえます。

Shift+Deleteの操作では、WindowsのオペレーティングシステムがハードディスクドライブやSSDの、
クラスタへの書き込みを直接変更するため、OS内のプログラムの通常の方法では復元することができません。

そのため、予備のデータがない時は専用のツールやサービスを使って、消えたファイルを救出する必要があります。




バックアップした分のデータを探してみる

次に、削除したファイルを復旧させるには、オペレーティングシステムに備え付けのゴミ箱に入らないため、
ひとまず先にバックアップのファイルをどこかで取っていなかったかどうかを、チェックされてみてください。

BAKファイルが自動的に保存されて別に取ってあったり、
クラウドストレージに自動で転送されている、ということもよくあります。

または、外付けHDDやUSBメモリに、同じデータをコピーしていたかどうかもご確認ください。

データ復元ソフトを使用して検出する

次に、Shift+Deleteキーの操作で失ったファイルを個人でできる手法としまして、
完全復元といった、市販のデータ復元ソフトウェアをダウンロード・購入して使用する方法があります。

新しくパソコンに、アプリケーションソフトウェアのプログラムをインストールする際、
Windowsがセットアップされているプライマリパーティションこと、
ローカルディスク(C:)から消えたファイルを復元する場合は、そのままインストールされないようにご注意ください。

DVDドライブからディスクを開いて、ブート機能で専用ウィザードを開いて使用してください。

ブートでの起動が難しい、または最初から最も確実な方法で修復したい、という際には、
という際には、専門業者のデータリカバリーのサービスで、復元をしてもらうこともできます。




ドライブスキャンを実行して修復する

次に、データ復元ソフトウェアのツールには、HDDやSSDのセクタにまだ痕跡が残っていれば、
そこからスキャン(検出)をして、復元の操作を行うことができます。

ツールの操作方法に従って、ドライブスキャンを行うと、
検出に成功した拡張子の一覧がウィザードの画面上に表記されます。

そして、別の外付けHDDやDVD-Rにデータを保存してください。

最後に、正常に拡張子が開けるかどうか、何かのソフトウェアを使って試してみてください。

データ復旧サービスに出して元に戻してもらう

しかし、シフト&デリートキーの操作でクラスタが変形されているため、
通常の削除よりも、完全な状態でのファイルの読み直しが難しくなる可能性も十分あります。

また、ハードディスクやメモリーカードに新しくデータを書き込むほど、回復できる見込みが下がっていきま。

なので、できるだけ速く復旧の作業に取り掛かりましょう。

より確実に元に戻すには、やはり自分で行うよりもプロのデータ復旧サービス店に注文をして、
ストレージを見てもらった方が可能性が高いので、安全に修復の作業を行ってもらわれることもおすすめします。