データディスクの書き込みファイルは復旧できる?

データディスク(Data Disk)は、CD-RやCD-RW、DVD-R、DVD-RW、DVD-RAM、BD-R、BD-RE
といった、パソコン上の電子ファイルデータを書き込んで保存し、移し変えるためのディスク媒体です。

あるいは、オンラインサービスの「拡張データディスク」などの意味でも使われています。

PCで使う記録用データディスクは配布用に焼きこみをしたり、他所の場所にあるパソコンで
読み込みするため、または貴重なデーターのバックアップを取るため、と様々な目的で使われます。

CDやDVD、ブルーレイはMOやUSBメモリと違い、1枚の円盤の裏面が剥き出しの状態になっていて、
キズや小さなごみ、汚れが付きやすく、
版面が傷んでくるとドライブでの読み込みに支障をきたす場合もあります。

これらの傷や埃、汚れは専用の市販ディスククリーニングキット(研磨機)に
かけて綺麗に表面を掃除する事で、ある程度の修復が可能です。

しかしあまりひどい異物や成分入りの水分の付着、大きなひっかき傷は、一般個人では
完全には直らないもありますので、貴重なデータディスクの保管にはある程度の気配りも大切です。





一度書き込みしたファイルを間違って消してしまった場合や、
データの焼き込みの作業途中で書き込みエラーが発生して失敗してしまった場合、
CD-R・DVD-R・BD-Rの場合は一回きりしか書き込めない仕様であるため、
もう一度やり直すことは出来ません。

しかしCD-RW・DVD-RW・DVD-RAM・BD-REは数千回~数万回のデータの書き加えや
削除が可能ですので、もしもトラブルが出た場合でも、もう一度ファイルを移しなおしたり、
ファイナルデータや復元プロなどの修復ソフトウェアを用いて
消えたファイルの復旧をすることもできます。

パソコンのHDDとは違い、シャドウコピーやシステム復元機能の有効範囲にはなりませんので、
もしも書き込みデータの大事な箇所が消えてしまった場合は
専門のデータ復旧センターにて失ったファイルの復元をお願いしてみましょう。



『「DVD-RAM/RW」のカテゴリーの前後のページ』

«

»