台風や洪水などの災害時での保管データの損失を防ぐには?

災害は、交通機関や農作物の被害・水害・停電・強風などによって、人身被害や経済面などで
非常に多くの悪影響を及ぼします。

そして屋内に設置されて物理的にほぼ安全なパソコンとその内部にも被害が及ぶケースもまたあります。

強風により突発的に起こりうる停電やネットワークの切断、ショートによる
電源装置の破損、窓や隙間からの雨水の浸入による水害などが挙げられます。




データ喪失の防止策

突然の災害や事故は、何の前触れもなく起こってしまいます。

すぐに復旧対策をすればある程度は被害を軽減して防げるものの、常に電源を稼動する必要のある
パソコンやシステムの場合、停電や事故、ダイヤル遅延などの被害に遭ってしまったら痛いですよね。

今やデータにもレスキュー、サルベージの必要な時代になってきました。

アクシデントの回避のための配置

こういった場合、事前にデータを保存しておくのがやはり一番です。
しかし他の防止策として、

・機材の近くに大きな倒れそうなものを置かない。
・建物の耐震補強を行う。
・水気や火気の近くにコンピューターを配置しない。
・機器が倒れたり動かないようにテープや専用ケースで固定する。
・火災保険に加入しておく。
・落雷対策に、無停電電源装置を設置する。

といった方法も非常に心強いですので、なるべく多くの対策を施しておくと安全です。

沖縄県に滞在する際でのトラブル対策

たとえば日本の最南端、かつ最西端に位置する南西諸島の県:沖縄県は、大変綺美しい海と豊かな森林などの
自然に囲まれた地域で、また琉球の、本土とはまた違った独特の文化、料理や名産物も大変多く魅力的です。

リゾートホテルやゲストハウス、ビーチも多く、
日本国内でも最も人気の高い観光地のひとつとしても高い知名度があります。

沖縄県への航空便による移動については、沖縄県は島嶼県であることから、
移動手段は主に飛行機や船舶になります。

沖縄本島の那覇・石垣島・宮古島・久米島・与那国島・多良間島・南大東島・粟国島
など各島に空港・空路(エアライン)が設備されています。

本土から直接出発できるのは本島・石垣島・宮古島・久米島のみで、
主に羽田空港や関西国際空港からの航空便が出ています。

例えば羽田空港からでしたら約二時間で到着できます。

パソコンを稼働される室内は、機材の熱暴走を防ぐため、冷房を付けることをおすすめします。

また、大雨や台風に当たり、鞄の中に雨水が浸透してノートパソコンやスマートフォン、
タブレット端末、デジタルカメラ、ビデオカメラ、またはUSBメモリやSDカードが水濡れして
故障してしまう可能性もあるため、持ち運びの際には十分にご注意ください。

ビニール袋などの中に二重に収納しておかれることもおすすめします。

また、電子機器が濃密な湿気や強い日光を浴びないように、置き場所にもお気をつけください。

8月などの真夏はかなり暑い気候になるため、どちらかといえばゴールデンウィークなどのシーズンが
大変混雑する傾向にあるようです。

沖縄県では台風が多く、時期によっては天候が荒れやすいため、
出発便のスケジュールが遅れて空港内で長時間待つことになる場合もあります。

そのため、旅行のスケジュールには余裕を持って計画を立てるのが良いです。

北海道に滞在する際でのトラブル対策

たとえば、日本列島北端の大島である都道府県の「北海道」には、
札幌市をはじめ小樽・釧路・稚内・旭川・函館・根室・網走・室蘭・帯広・襟裳など、
多くの市町村があり、非常に範囲が広くなります。

別の地域から来訪される際には、北海道は日本の一番北に位置しますので、
特に九州や沖縄、四国、中国地方から行かれる場合には距離があるため、
早めに到着するためには、やはり飛行機や新幹線を使われるのが良いでしょう。

47都道府県で一番面積の広い北海道には、新千歳空港をはじめ
函館・旭川・女満別・釧路・帯広・丘珠・稚内・中標津・紋別・利尻・奥尻・礼文と
各地にエアポート・エアラインがありますので、目的地の近くに旅客機で向かうのも便利な移動手段です。

雪が降りやすい地域でもあり、大雪により出港・入港の便が遅れてしまう場合も多いため、
遅延に当たってしまう可能性を考慮して、余裕を持ってスケジュールを組まれることが望ましいです。

路面には雪が積もっていたり凍っている場所も多いですので、歩く時の転倒や自動車のスリップと、
その際の衝撃などのトラブルによるコンピューターの破損には、十分にお気をつけください。

また、本州や四国・九州よりも一段と平均気温が低く雪も積もりやすいため、
水濡れや極端な低温による機材の破損に対する防護にも、十分に準備をされておくと安全です。

リカバリーサービスへの注文

上記のようなアクシデントを防ぐために、たとえばコンピューターの修理サポート店では、
トラブルに合わせたコースでのレスキューサポートのサービスを提供されているところもあります。

また、電話がつながらなくなった時には、Eメールによる連絡のやり取りや修理サービスへの注文が便利です。

プロバイダサービスや電話会社から提供されています電子メールの他にも、
Googleやbing(Microsoft)などの検索エンジンでの運営サービスでも、
GメールやOutlookメールなどのウェブメールのサービスが提供されています。

もし、ハードディスクやサーバー、RAID、NAS、USBメモリなどのデータを損失してしまったら、
プロのデータ復旧サービスやシステム管理会社にて、失ったファイルのリカバリーを行ってもらうことができます。