台風や洪水などの災害時での保管データの損失を防ぐには?

交通機関や農作物の被害,水害,停電,強風などによって、人身被害や経済面などで
災害は非常に多くの悪影響を及ぼします。そして屋内に設置されて物理的に
ほぼ安全なパソコンとその内部にも被害が及ぶケースもまたあります。

強風により突発的に起こりうる停電やネットワークの切断、ショートによる
電源装置の破損、窓や隙間からの雨水の浸入による水害などが挙げられます。

データ喪失の防止策

突然の事故や災害は何の前触れもなく起こってしまいます。

すぐに復旧対策をすればある程度は被害を軽減防げるものの、常に電源を稼動する必要のある
パソコンやシステムの場合、停電や事故、ダイヤル遅延などの被害に遭ってしまったら痛いですよね。

今やデータにもレスキュー、サルベージの必要な時代になってきました。





こういった場合、事前にデータを保存しておくのがやはり一番です。
しかし他の防止策として、

・機材の近くに大きな倒れそうなものを置かない。
・建物の耐震補強を行う。
・水気や火気の近くにコンピューターを配置しない。
・機器が倒れたり動かないようにテープや専用ケースで固定する。
・火災保険に加入しておく。
・落雷対策に、無停電電源装置を設置する。

といった方法も非常に心強いですので、なるべく多くの対策を施しておくと安全です。

もし間に合わずハードディスクやサーバー、RAID、NAS、USBメモリなどのデータを損失してしまったら、
データ復旧サービスやシステム管理会社にて回復を行ってもらうことができます。



『「ファイルの破損・エラー」のカテゴリーの前後のページ』

«

»