ビデオカメラの録画映像の媒体が破損したらデータを復元できる?

デジタルビデオカメラ(digital video-camera)とはビデオ映像動画を撮影して録画するためのカメラ機器です。

主にSDメモリーカード、DVD、ハードディスクドライブなどの補助記憶媒体を用いて録画データを保存します。

比較・ランキングサイトや購入サイトに行くと新品、中古、デジタル、ハイビジョン、
バッテリー、ケ-ス、などさまざまなビデオカメラとその周辺機器が閲覧できます。 

さらにSONY(ソニー)、ビクター、パナソニック、キャノン、日立など大変多くのメーカーが存在します。

ビデオカメラには用途、大型または小型サイズなどによって様々な分類ができます。

これらの使用の際に、録画した映像の補助記憶媒体が破損して読み取りできなくなってきたら、
データを復元することはできる?という疑問について。

ビデオカメラの補助記憶装置の修復

まず、保存されたDVDディスクの版面が汚れたり、傷がついた場合は、市販の「ディスククリーナー」や「研磨機」を用いて
クリーニング作業をかけることで、ある程度まで個人でも修復することができます。

アナログのビデオカメラに使用しているテープが汚れた場合は、市販の「ビデオテープクリーナー」や「カセットクリーナー」を
用いてクリーニングの作業を行うこともできます。

SDカードやハードディスクが読み込めない時は、ビデオカメラの本体自体が故障したか。軽いエラーや破損が起きている場合は、
パソコンにリムーバブルディスクとして繋げて、中身の保存データの読み込みができる可能性もあります。

個人で直しきれなさそうな大きな汚れや傷が出ていた場合は、プロの修理サービスの方にて修復をしてもらわれることを推奨します。




記録したデータが損失する事例

データ破損のトラブルには以下のような事例が多いです。

・誤って上書き、削除してしまう。
・水の中に落としたり雨によるショート。
・テープやDVDの盤面が傷んでしまう。
・カメラを落とす、倒れる、ぶつかる、などによるクラッシュ。
・録画時の動かし方次第でまれに起こる画像のブレ。

・放送用ビデオカメラ・業務用ビデオカメラ・民生用ビデオカメラ・固定型ビデオカメラ・スタジオカメラ・肩乗せカメラ
・手持ちカメラ・据え置きカメラなど、撮影に欠かせない装置ですが、使い方、動かし方という理由から、
機器が破損してしまう可能性はパソコンと同じくらい高いことでしょう。

デジタルカメラは記録媒体がSDメモリーカードなどのデジタル製品なのですが、アナログ式の磁気テープメディアの場合は、
録画した映像や音が削れたり消えてしまうと、パソコンのデータリカバリーソフトでは読み込みができないため、難しくなります。

貴重なテープの撮影データがもしも開けなくなり破損してしまった、といったトラブルが起きてしまったら、
アナログ媒体を取り扱われているカメラ屋、または専門のデータ復旧サービスやPC修理サービスに問い合わせてみてください。

※アナログの媒体の復元に対応されています業者は現在では少なめです。

デジタルカメラの調子がよくない時に、SDカードやDVD-R、ハードディスクに、無理に再生や上書きを
繰り返してしまうとかえって破損の状態がひどくなるおそれもあるため、
なるべく早めに修理をしてもらうか、専門のデータ復元サービスにて診てもらわれることをおすすめします。