ビデオカメラの録画映像テープが破損したら復元できる?

ビデオカメラ(video-camera)とはビデオ映像動画を撮影して録画するためのカメラ機器です。

主にVHS、DVD、8ミリテープ等の記憶媒体を用いて録画データを保存します。

比較・ランキングサイトや購入サイトに行くと新品、中古、デジタル、ハイビジョン、
バッテリー、ケ-ス、等さまざまなビデオカメラとその周辺機器が閲覧できますね。 

さらにSONY(ソニー)、ビクター、パナソニック、キャノン、日立など
大変多くのメーカーが存在します。

ビデオカメラには用途、大型または小型サイズ等によって様々な分類ができます。

そのテープのデータが読み取りできなくなってきたら、復元することはできる?という疑問について。

ビデオカメラの分類

・放送用ビデオカメラ・業務用ビデオカメラ・民生用ビデオカメラ・固定型ビデオカメラ
・スタジオカメラ・肩乗せカメラ・手持ちカメラ・据え置きカメラ 等、
撮影に欠かせないビデオカメラですが、使い方、動かし方という理由からおそらく
保存データが破損してしまう可能性はパソコンと同じくらい高いことでしょう。

まず、テープの汚れは、市販の「ビデオテープクリーナー」や「カセットクリーナー」を用いて
クリーニング作業をかけることで、ある程度まで個人でも修復することができます。





データ破損のトラブルには以下のような事例が考えられます。

記録テープのデータ損失事例

・誤って上書き、削除してしまう。
・水の中に落としたり雨によるショート。
・テープやDVDの盤面に傷がついてしまう。
・カメラを落とす、倒れる、ぶつかる、などによるクラッシュ。
・録画時の動かし方次第でまれに起こる画像のブレ。

問題は記録媒体がUSBフラッシュメモリのようなデジタル製品でなく、
アナログ式の磁気テープメディアであるため、録画した映像や音が
削れてしまうとパソコンのリカバリソフトでは読み込みができないため、難しくなります。

しかし、貴重なテープの撮影データがもしも開けなくなり破損してしまった、
といったトラブルが起きてしまったら、アナログ媒体を取り扱われているカメラ屋、
または専門のデータ復旧サービスやPC修理サービスにて復元をしてもらうことができます。

※アナログの媒体の復元に対応されています業者は現在では少なめです。

テープに無理に再生や上書きを繰り返してしまうとかえって破損状態がひどくなりますので、
なるべく早めに専門の復元サービスに診てもらわれることをおすすめします。



『「ビデオカメラ動画の回復」のカテゴリーの前後のページ』

»