破損したMacintoshのコンピューターの機器を修理するには?

Apple製のmacOSのパソコンをはじめとする、Macintoshのコンピューターを使っている際に、
ある時 深刻なエラーのトラブルが出た場合にOSを修復したり、また内部のパーツといった機器が破損した時に、
故障したPC本体を修理する方法には、どのようなものがある?という疑問について。

Macintoshパソコンの修理に対応されたサポートとは?

まず、Apple Incにより開発・販売されているMacintosh(マッキントッシュ)のパソコンは、
macOS(Mac OS X)が搭載された、Apple社独自のパーソナルコンピューターです。

Microsoft Windowsのパソコンと比べるとシェアが少ないため、
Macパソコンのパーツの交換や修理が受けられる私設のサポートセンターは限られてくる点もあります。

ですがそのかわりに、Appleサポートオンラインサービスアシスタントで利用ができる、
破損したPC本体といったコンピューターの、修理サービスのオプションもあります。

Macパソコンのみならず、iPhoneやiPad、またiPodシリーズのモバイルコンピューターなど、
iOSが組み込まれているハードウェアの機器も、Apple社製品の修理で依頼することができます。




破損したコンピューターの機器を修理に出す時のお預かりの期間とは?

次に、壊れたコンピューターのお預かり期間で数週間ほど時間がかかってしまい、
それまでの間は、予備の本体がなければMacでのパソコンの作業ができない、という点もあります。

お急ぎの方でしたら、破損しているマシンをすぐに見てもらえる即日診断のコースが実施された、
Mac(マック)のコンピューターを取り扱われているパソコン修理サービス店に、
コンピューターの状態を直してもらう依頼をされてみるのも一つの方法です。

アプリケーションソフトウェアに不具合が出た時に修復するには?

次に、特定のアプリケーションソフトウェアで不具合が出てしまい、
Macintoshパソコンが正常に使用ができない場合に、簡単な修理をする手法について。

まずは、ソフトウェアのプログラムの最新のパッチが配布されていましたら、
インターネットからダウンロードして、アップデートをされてみてください。

エラーの不具合が深刻なようでしたら、一度プログラムをアンインストールして、
再度のセットアップを行われてみると、多くの場合はコンピューターの状態を修復できます。

また、Macintoshのハードウェアの機器をメンテナンスするには?という疑問については、こちらのページにて。

もしユーティリティーの製品に要求される、メモリやCPUといったパソコンのスペックでの、
動作環境の条件が満たなかった時は、パーツの換装や増設をする必要も出てきます。

パソコンでディスプレイの画面が正常に映らない時は?

次に、例えばApple社製で以前の世代のMac OS 9などが搭載されたPower Mac G4 Cubeといったパソコン本体で、
PC側に特にトラブルが発生していない様子で、モニターが正常に映らない状態である場合について。

まず、Macのパソコンのオペレーティングシステムがだいぶ前のバージョンである時は、
最新のモニターを使用するには、新しいmacOSのバージョンにアップグレードをする必要が出る場合もあります。

もし、マシンの液晶ディスプレイの方が壊れている可能性がありそうな時は、
もし別のモニターの製品をお持ちでしたら、Macパソコンに対応されたディスプレイケーブルを購入して、
これを使って接続すると、そちらの正常なモニターで臨時に画面を展開できる見込みもあります。

そして、元々使用していた壊れているモニターの方は修理に出すか、
後日に新しく別のMac用のディスプレイの製品を購入するなどで用意して、
Power Macのマシンに本体を接続されてみてくだささい。

また例として、AppleのMacの修理サービスの解説も参考までに。

あるいは、30インチと大型のモニターをMacintoshパソコンに接続して使用するには、
その製品に対応ができるグラフィックボードが必要になることもあります。

また、ディスプレイケーブルやFireWireといったコネクタを無理に逆差してしまった時に、
差し直してみてパソコンの起動をした瞬間にランプは付くものの、
モニターにアイコンが出なくなり破損した場合は、交換による修理をする必要が出てきます。

PCが故障して読み込めなくなったデータを復旧してもらうには?

次に、macOSなどのオペレーティングシステムがインストールされたパソコンが、
ある時 破損して起動できなくなって、内部のハードディスクやSSDにあるデータが開けなくなり、
修理に出す前に必要なファイルやフォルダーの取り出しをしたい、という場合について。

まず、ハードディスクやSSDを自身でPCの筐体から取り外せるようでしたら、
別のmacOSやWindowsのパソコンをお持ちであれば、増設か外付けケースでの接続をして、
内部のファイルをコピーする形で、データを救出する方法もあります。

また、ディスプレイやMacintoshのOSのみが破損していて、パソコンのほかのパーツに異常がなければ、
外付けHDDやRAID、NASといった他のデータ記憶装置にバックアップをして、
リカバリーや修理の後に、いつでも復旧が可能なようにされておかれるだけで大丈夫です。

ですが、パソコンのストレージの取り出しが難しそうな場合は、無理をされずにMac製品を取り扱われている、
プロのデータ復旧サービスセンターに出して、見てもらわれることもおすすめします。