パソコン教室でPCの修理やデータ復元の依頼もできる?

パソコン教室(PCスクール)では、急に壊れたパソコンの本体や周辺機器の修理、
またはコンピューター(Electronic Computer)にシステムエラーが発生した時に修復をしてもらうことができる、
故障からの回復のサポートや、消えたデータの復元の依頼を請け負われているサービスもある?

また、パソコンといったコンピューターのトラブル解決の方法も学ぶことはできる?という疑問について。

コンピューター教室とパソコン修理を併用されたサービスとは?

まず、コンピューター教室ではパソコンのトラブルに関する解決のサービスの方も、
併用して営業されているところが数多くあります。

いざという時の、システムエラーやパーツの故障が発生した時にも、大変助かります。

大手のパソコン教室の各校には、例えば東京都内の各地区や、
全国の都道府県に分校を数多く設置されているスクールも多くあります。

また、PCスクールを含むパソコン修理のサポートや専門のデータ復旧のサービスセンターは、
当サイトにて設置をしています、日本全国の都道府県別の一覧ページにて、
各人のお住まいの地域の最寄りの場所を、ぜひ探されてみてください。




PCスクールで習得できる電子機器の操作の技法とは?

次に、パソコン教室(PCスクール)で受けられる講座にて、コンピューターの操作をしている時に起こりうる、
システムやハードウェアの面での、電子機器のトラブルを少なくする対策のコツや、
問題に対処して修復をする方法(Troubleshooting)も学ぶことはできる?という疑問について。

まず、パソコンのトラブルを少なくするには、マシンの性能を良くするだけでなく、
その使い方や仕組みをよく知ることも大切です。

どのように操作していけば上手くPCを動かして作業していけるのか、
また逆に、どのようなことで故障が起きてしまうのかを熟知できれば、
アクシデントの発生やその被害も極力抑えることができるようになります。

また、パソコン修理についてのお客様の声、訪問者様からの質問回答の例は、こちらのページにて。

そして、パソコン教室では、そのようなトラブル解決を詳しく教えてもらえる講座が、
カリキュラムに組まれているところもあります。

パソコンやモバイル端末、周辺機器は、独学で勉強して使いこなすことも十分に可能なのですが、
短期間でより詳しく操作に慣れていって、必要なスキルを習得していくには、
パソコン教室の講座を受講すると大変わかりやすくて楽しく、またしっかりと身に付きます。

パソコン教室の講座でトラブル対策の方法も学べる?

次に、パソコン教室では主に、初心者向けの講座が まずメインに行われています。

例えば、マシンの設置の仕方から電源の付け方、周辺機器の接続の仕方、ソフトウェアの開き方と、
ビギナーユーザーの方にやさしい、基本的な動作から学んでいきます。

Microsoft Office ExcelやWord、PowerPointの使い方などの、中級者向けの講座、
さらにプログラミングやグラフィックの作成など、上級者向けの講座も、
スクールのカリキュラムによって受講して、優れた操作の技法を習得することができます。

筆者もまた、エクセルやワード、パワーポイントの基本的な使い方は、最初に受講で学びました。

一方、故障やエラーのトラブル対策の専門の授業はやや少なめで、
どちらかというと、使い方のコースの付帯で学ぶことも多いです。

各地域にお住まいの方、ご在勤、ご在学の方でしたら、パソコンをこれから本格的に習ってみたい、
という際に、PCスクールの詳細について参考にお役立てできましたらと思います。

また、PCトラブルの解決や失ったデータのリカバリーのサポートは、
パソコン教室の方では、比較的簡単な措置のコースのみ実施されていることが多く、
より複雑な作業を要するプランは、専門業者でのサービスで行われています。

スマートフォンやタブレット端末の不具合も直してもらえる?

次に、日本全国の都道府県の各地にありますパソコンスクールでは、
PC製品の販売や修理・サポートの業務と兼ねている事業のほかにも、
スマートフォンやタブレット端末の教室や、トラブル解決のサポートを営業されている所もあります。

モバイルコンピューターの教室では、スマホやスレートPCの操作の講座を受けたり、
トラブルシューティングの解決の例について教えてもらうことができます。

そして、不具合からの簡易的な修復のコースで、端末に起きた問題を直してもらうこともできます。

故障したパソコンからデータを残したまま直してもらえる?

次に、パソコンがOSが破損してしまったり、パーツが故障してしまった時には、
メーカーのカスタマーサポートでは、規則としてHDDやSSDの初期化が必要になります。

ですが、私設のPC修理のサービスでは、内部のデータを残したまま、
OSの修復や部品の交換をして直してもらえるサポートを行われた店舗も多くあります。

またパソコン教室の多くは、必要なファイルが破損した場合といった特に重度の障害は、
あまり対応されていないため、本格的にはデータリカバリーのサービスで検査を受けて、
より多くの不具合からの復元をしてもらわれることを推奨します。




消えたファイルの拡張子を復元してもらう依頼もできる?

次に、パソコン教室の方では主に、誤って削除したファイルの拡張子を、
コンピューター上で簡易的に復元してもらう依頼を受け付けたサポートが実施されています。

たとえばアドバンスパソコンスクール白金台パソコンスクールといった教室では、
間違えた操作などでハードディスクやSSDといったストレージから、拡張子が消えた時に、
後からファイルの復元をしてもらえるコースなどが導入されています。

HDDやメモリーカードが破損した時はデータを復旧できる?

一方で、コンピューターの修理のサポートも兼業で実施されている教室や店舗は、
やはり簡単な作業のみを受け付けている場合が多くなります。

たとえば、HDDやメモリーカードの回路が破損してデータが開けなくなる、
物理障害のトラブルが出た時は、ほとんどの店舗ではファイルの取り出しは対象外になります。

その際には、物理的な破損のトラブルに対応された、
専門業者のデータ復旧のサービスに出して、作業を行ってもらわれることをおすすめします。