MacパソコンとWindowsパソコンを接続してデータ救出

Mac OS XやWindowsのOSがインストールされているノートパソコンなどをお使いの際に
電源は入るけどPCのキーボードやマウスが効かなくなって、データが開けなくなってしまったため、
どのようにすれば中身のファイルを救出できる?という場合について。

あるいは、デスクトップパソコンの外部デバイスのマウス、キーボード、ペンタブレットが
急に壊れたりデバイスマネージャーに反応しなくなって操作が正常に出来なくなった場合には、
どうすれば中身の必要なデータを取り出しができる?という場合について。

【Macintoshパソコンの一覧】

・APPLE:MacBook Air 1.7GHz Core i5/11.6/4GB/128GB MD224J/A
・APPLE:MacBook 2.26GHz 13.3インチ 250GB MC207J/A
・APPLE:iMac 21.5/2.7GHz Quad Core i5/8GB/1TB/Intel Iris Pro ME086J/A
・APPLE:Mac mini (1.4GHz Dual Core i5/4GB/500GB/Intel HD 5000) MGEM2J/A
・APPLE:Mac Pro MD878J/A 3.5GHz

こういったトラブルが発生した場合には数多くの解決方法がありまして、
こちらのページでは、二台のパソコンを専用のUSBケーブルで接続して片方からもう片方の
コンピューターを操作してデータを移行する方法について、解説いたします。

(※こちらの一例では、Mac OS XのMacBook AirにAcer製のWindows7のノートパソコンを
 「リンクケーブル」でつなげて操作する際の手順について説明いたします。)

リンクケーブル

まず、不具合が発生したノートパソコンの電源を一度付けてみて、オペレーティングシステムの
デスクトップ画面、もしくはスタート画面までが正常に起動できるかどうか確認します。

(※途中でフリーズしてしまったり、液晶ディスプレイの画面が壊れて映らない場合は
 これから解説する作業の手順ではファイルの回収作業が難しくなるのでご注意ください。

もう一台お持ちの、Mac OS Xのパソコンを起動します。
(Windows同士、またはMac同士の組み合わせの場合でも大丈夫です。)

パソコンの内部のファイル自体が破損していたり、フォーマットなどで削除していた場合は、
コンピューターで接続してもその個別のファイル自体はそのままでは開けないため、
データ復旧サービスに注文をして、診断を受けてみることをおすすめします。





次に、市販の専用ケーブル
(こちらの例ではサンワサプライ製の『SMART DATA LINK』 「KB-USB LINK3M」)を使用します。)
を、MacOS XのパソコンとWindowsのパソコンの両方のUSBポートにコネクタを差し込みます。

SMART DATA LINK

※これらの周辺機器は、メーカー製品の仕様にもよるのですが製品によっては、
 パソコンに問題が起きる前にデバイスドライバをセットアップしておく必要も出てきます。

 壊れたパソコンの方の症状次第では、故障した後にインストールしようとしても
 セットアップがうまくできない場合もありえますので、購入の前には注意してください。

両方のパソコンに製品が認識されて、ロゴマークのウィンドウなどが表示されます。

ウィンドウ画面

Duckのメニューの右側に「SMART DATA LINK」のマークが出てきます。

こちらを右クリックして、上下左右のどれかのカーソル移動を選択します。

これで、マウスかタッチパッドでマウスポインタを画面の指定した方向の外側に向けて動かすと、
リンクケーブルで接続しているパソコンの画面の方にカーソルが移動して、
もう一台のパソコンをもう片方のパソコンから指示をして操作できるようになります。

フォルダー

エクスプローラーなどの画面を展開して、目当てのフォルダーを開いて必要なファイルを選択します。

これをコピーして、Macパソコンの方にカーソルを戻して今度はFinderの中のフォルダーにペーストします。
またはFinder(マイファイル)の方に別のフォルダーの画面から引っ張って保存します。

これで、データのバックアップと復旧の作業は完了です。

作業が難しそうな場合には、プロのPC修理店やデータ復旧サービスでの業者によっては、
代行の作業を受けてもらうこともできます。

ドラッグ&ドロップ

(※Mac OS Xにインストールしているアプリケーションでは展開できない拡張子の場合は開けないため、
 ひとまずWindowsのパソコンが直るまでの間は保管だけにとどめます。)

救出したいデータの容量が大きい場合には、MacBook Airなどにまた別のUSBポートから
外付けハードディスクドライブなどを接続して、そちらのディレクトリにMacを経由して保存します。

そして大事なデータの回収作業が終わったら、
不具合の出たパソコン本体を修理に出すなどしていきます。

もし、こちらの方法が何らかの問題があって使用できそうにない場合には、
当ホームページの他の各ページで解説してあります手法やサービスを試されてみてください。

または、パソコン本体を修理に出す前に先に、
専門事業のデータ復旧サービス業者に問い合わせて、診断を申し込んでから郵送で出して、
中身の重要なファイルの救出作業を行ってもらわれることをおすすめします。



『「データ復旧とは?」のカテゴリーの前後のページ』

«

»