Appleの電子機器のデータ復旧をするには?

Apple Inc.(アップル)から開発・販売されていますパソコンやモバイル端末をはじめとする
コンピューターの電子機器を日々お使いの際、内部のHDDやSSD、内蔵フラッシュメモリや
外付け記憶装置に保存していたファイルを誤って削除したり、読み込みができなくなった時には
どのようにすればデータ復旧の措置ができる?という疑問について。

Apple製パソコン

まず、AppleのMac Book Air/Pro、iMac、Mac Proといった
Macパソコン(Macintosh/マッキントッシュ)の場合、
誤って必要なファイルをFinder(マイファイル)から削除した場合は、
ゴミ箱のフォルダーに一度移行しますので、そちらを開いて元の位置に移し替えて復旧します。

Mac OS Xパソコンでは外付けHDDやSDカード、USBメモリなどの外部記憶装置の
フォルダーから操作で消去したファイルも、ゴミ箱に移動します。

また、各電子機器を購入して使い始める時に、バックアップ機能のTime Machine(タイムマシン)や
Appleで提供されているクラウドサービスのiCloud(アイクラウド)を設定しておくと、
特定のフォルダーに保存されているファイルやデータの状態が自動的にバックアップされます。




バックアップから復元

iCloudはiPad(アイパッド)やiPhone(アイフォン)、iPod touch(アイポッド・タッチ)
などのアップル製のモバイル・コンピューターの製品の方でも、iOSからの設定で
データのバックアップと復元を行うことができます。

また、誤ってiPadやiPhone、iPodの内部のデータを削除してしまった場合、
事前にパソコンから管理ソフトウェアのiTunes(アイチューンズ)で同期します。

「バックアップと復元」の機能で事前に必要なデータをバックアップしておくことで、
後から復旧をすることもできます。

手順は、iTunesを開いて同期した後、プレイリストのタブを開きます。

左メニューにあるデバイスの項目に表示されているiPadやiPhineの文字にカーソルを合わせて
右クリック→「バックアップから復元」→「復元」と進みます。

iPadのバックアップと復元

また、マイファイル、またはWindowsのエクスプローラーからポータブルデバイスの
フォルダーを開き、保存されているファイルをバックアップすることもできます。

Macパソコンでゴミ箱からも誤ってファイルを消去してしまったり、
間違えてディスクのフォーマットをかけて全消去してしまった場合は、
「データレスキュー」など、Mac用のデータ復元ソフトを購入して、
個人で拡張子の痕跡からファイルの復旧を試みることもできます。

パソコンが壊れてしまい、内部のHDDやSSDのデータが開けなくなった場合は、
内蔵のディスクドライブを取り出して、別のパソコンに増設したり、
外付けのケースでつなげて読み込んでみる方法もあります。

ですが、MacBook AirなどのパソコンのSSDは薄いメモリーカード型で、
専用の外付けの読み込みケースが別に必要になります。

また、Apple製品は特殊なドライバーが必要になったり、ほぼ完全に密封されていて、
内部のメモリディスクなどを取り出しするのが個人では難しい設計になっています。

そのため、Apple製のパソコンやモバイル端末が故障して、中身のファイルを
救出したい時は基本形に、Apple製品を取り扱われている専門業者の
データ復旧センターに問い合わせて、電子機器の診断の注文をされてみることをおすすめします。



『「データ復旧とは?」のカテゴリーの前後のページ』

«