ケータイのデータ復元ができる場合とは?

近年のスマートフォンやガラケーの携帯電話は、大変頑丈に作られているため、
衝撃や圧迫に強く、ちょっとやそっとでは壊れたりデータが消えたりはしない作りで、
非常に信頼のできる記憶媒体・移動体無線通信システムの代表格として、世界的に普及しています。

しかしながら、一定以上の強打の衝撃ではやはり破損してしまうこともあり、
またシステム上の操作のミスやエラー、損傷により、データを失う場有ります。

そんな時には、携帯電話のデータを後から復元することはできる?という疑問について。

ケータイのSDメモリーカードに移し替え

まず、多くのケータイはMicroSDカードといった外部メモリーカードの搭載が可能な仕様です。

SDメモリーカードを通して、お使いのパソコンへカメラ写真画像やダウンロードアイテムなどの、
必要なファイルをコピーしてバックアップすることもできます。

データの移行やバックアップは、主にPC本体に同期接続をするか、
USBカードリーダーにSD目モリ―カードを差し込みして、ストレージを読み取って行うことができます。

また、専用の標準機能を使用したり、専門のサービスで、失ったデータを取り戻せる見込みがあります。




携帯電話が故障する原因とは?

次に、ケータイは水濡れには弱く、うっかり洗面器や洗濯機、池や水溜りに落としてしまったり
豪雨にさらされて濡れてしまったら中身の精密機器部分に浸水して、
ショートや焼きこげ、錆びによる故障の原因を引き起こしてしまうこともあります。

また、電子機器(マルチメディア媒体)であるので基本的に湿気や磁気、高電圧、日光、
ほか高温、低音といった外部環境にも注意しなければなりません。

また長年使い続けていると、いつかは電子デバイスとしての寿命が来てしまいます。

メモリーカードのデータのリカバリー

このように、故障が起きることを想定に入れて、こまめにUSB媒体からバックアップをとっておく必要があります。

ですが、もしコピーを保存されていなかった場合でも、
例えばdocomo(ドコモ)の『水濡れケータイ データ復旧サービス』などで内部のICチップから取り出して、
今までの記録を復活させてもらうこともできます。

また、SDメモリーカードが故障した時は、専門業者のデータリカバリーのサービスセンターで、
復旧の措置をしてもらうこともできます。




ケータイの同期接続ができなくなるトラブル

次に、ケータイの破損の状態によっては、同期接続をしようとしても、
重度の浸水による部品の深刻な焼き焦げや錆びの具合、強い圧迫によるパーツのダメージや、
火災などで受けた過熱による融解・爆発などで、読み込みができないこともあります。

また、うっかりデータを消してしまわれた時は、そこからさらに上書き保存をされてしまうと、
ファイルの痕跡が完全に消失してしまう可能性が極めて高いため、誤って消去されてしまった時には、
それ以上の操作は行わずに、すぐにデータ復元のサービスに相談をされてみることをおすすめします。

データ復旧サービスに端末を出して見てもらう

他に、一部のダウンロードファイルやアプリなどは、
バックアップのツールでの、データ保存の対象外となってしまうケースもあります。

そして、普段から電子機器の正しい使い方をされていることがあくまで大前提となります。

また、修理は予約待ちにより日数が掛かってしまい、すぐに元に戻すことができないこともあります。

私設のデータ復旧のサービスは、ケータイをすぐに見てもらえる所も多く、
故障してしまった携帯電話のための、大変貴重で頼りになるサポートです。

いざという時には、ぜひ携帯電話に対応されたデータ復元のサービスをお役立てください。