MOドライブがコンピュータで認識しない時に修復するには?

MOはパソコン用の外部接続型データ記憶装置として最も普及した機材の一つです。

このMOを長いこと読み込み・書き出しを繰り返して使っていくうちに稀に、
読み込みができないというエラーに遭遇された方も結構おられるかと思われます。

ドライブ本体かディスクメディアか、どっちに異常が起きているか
一見判別がつきにくいのですが、わりと簡単に把握できる方法をお伝えします。

MOドライブ

MOエラーのチェック方法

MOドライブの電源がつかなかったり、電源を入れてもディスクが回らない時は
ドライブ機器本体が長時間の稼動による過熱や老朽化、衝撃などで破損している可能性があります。

MOの復元をするには専門のサービスで内部のディスクのキズや汚れを
研磨して修繕してもらうか、新しいMOに書き込んでもらう方法があります。

ですが、寿命が近いディスクを読み込ませていると変な音がして読み込めない、という場合もあります。

なので、普段使っていない別のディスクも試してみてください。

MODメディア(MOディスク)が故障しておらずドライブが壊れている可能性もあります。

知人やオフィス内から借りた別のMOドライブで一度読み込みを試みてみると、
どちらが破損しているか把握がしやすいです。





MO(光ディスク)と、ドライブ装置で長時間稼動させていて、
過熱や読み込みのミスなどで一時的にエラーを起こしているだけという事もあります。

しばらく電源を抜いて機材を冷まさせてから、
ディスクをまた入れ直して起動してみる方法をと取ると、今度は読み込めることもあります。

(また、MOのディスクが差込口から取り出しできない時は、前面の小さな穴に針を通して内部の
スイッチ(イジェクトボタン)を押すと再び正常に戻り修復できる、という仕組みのMOドライブもあります。)

ドライブ本体が故障している場合は、製品の保証サポート
修理センターのサービスに出して、診てもらう事で直してもらいます。

ですが、ドライブ本体の寿命や重度の破損の場合は直せない可能性もあります。

MOディスクにキズなどの異常がある場合は修理がまず不可能なのですが、
内部の保存ファイルでしたらデータ復旧サービスにて高確率で修復してもらうことができます。



『「MOのサルベージ」のカテゴリーの前後のページ』

«

»