MOドライブが認識しない時にデータの読み込みを修復するには?

MO(magneto-optical disk)は、パソコン用の外部接続型のデータ記憶装置である機材の一つです。

このMOを、長いことデータの読み込み・書き出しを繰り返して使っていくうちに、
稀にディスクの読み込みができないエラーに遭遇された方も結構おられることでしょう。

ドライブの本体かディスクか、どちらに異常が起きているか一見判別がつきにくいため、
どのようにチェックして対処すれば、コンピューターへのデータの読み込みを修復することができる?
という疑問について、簡単な対処の方法を解説いたします。

MOドライブに起きたエラーのトラブルをチェックする方法は?

まず、MOドライブの電源が付かなかったり、電源を入れてもディスクが回らない時は、
ドライブ機器の本体が長時間の稼動による過熱や老朽化、衝撃などで、
一時的にダウンしていて認識しない状態になっているか、または回路が破損している可能性があります。

現在の状態を表すランプがオレンジ色(黄色)に点滅していたら、しばらく電源を止めて、
MO(マグネトー・オプティカル・ディスク)のドライブ装置を冷ましてみてください。

その後、Windowsのパソコンなどでまだデータにアクセスができない時は、
試しに普段使っていない別のディスクも読み込んでみてみてください。

予備のMOドライブがない時は、専門のデータリカバリーサービスに注文をして、
ディスクを代わりに読み込んでもらって、ファイルの復旧を行ってもらうことができます。




いつの間にかMOドライブの装置が故障していた時は?

次に、MODメディア(ディスク)の方は故障していなくて、
やはりドライブ装置の回路が壊れているために、認識できない状態だと思われる場合の対処法について。

まず、知人または知り合いのオフィスから別のMOドライブを借りて、
一度保存されたデータの読み込みを試みると、どちらが破損しているか把握がしやすいです。

また、MOディスクとドライブ装置が読み込みできなくなってきたら?という疑問については、こちらのページにて。

ですが、寿命が近いディスクを読み込ませていると変な音がして開けない、という場合もあります。

MOのディスクの盤面に傷や汚れがついているために、正常に認識しないと見られる際には、
専門のサービスで、カートリッジの内部のディスクのキズや汚れを研磨して修繕してもらったり、
その後でさらに、新しいMOに書き込んでもらう形で、データを復元をしてもらう方法などがあります。

過熱や読み込みのミスでMOのディスクが開けない状態の時は?

次に、MO(光ディスク)と、ドライブ装置を長時間稼動させていて、
過熱や読み込みのミスなどで一時的にエラーを起こしているだけ、ということもあります。

認識しない状態の装置を、しばらく電源を抜いて機材を冷まさせてから、
ディスクをまた入れ直して起動する方法を取ると、今度はデータの読み込みが修復されることもあります。

ほかに、ウィンドウズのコントロールパネルを開いて、デバイスマネージャーを開いた際に、
MOドライブの名称の項目で、エラーのマークが付いていた場合には、
一旦そちらを選択して、右クリックでアンインストール(削除)をしてください。

その後、USBコネクタを取り外してパソコンを再起動してからUSBポートに繋げ直すと、
今度はデバイスドライバが正常に読み込めて、コンピューターに認識しない状態が直る可能性があります。

また、MOのディスクが差込口から取り出しできない時は、前面の小さな穴に針を通して、
内部に設置されたスイッチであるイジェクトボタン(eject button)を押すと、
再び正常に戻り修復できる、という仕組みのMOドライブもあります。

壊れた読み取り装置を交換するか修理をしてもらう

次に、MOドライブの本体が故障している場合は、製品の保証サポートの、
修理センターのサービスに出して、見てもらうことで直してもらう方法もあります。

例として、アイ・オー・データ機器の製品の、
MOドライブ セットアップガイドといった、各メーカーごとの解説も参考までに。

ランプが普段と違う点灯の仕方をしている時は、製品の取扱説明書やサポートの解説を読んで、
MOのデバイスが正常に認識しない状態をチェックされてみてください。

ですが、現在はサポートが終了されていることがほぼ全部で、
多くは私設のコンピューターの修理サービスでのみ、簡単な修復を受け付けてもらえます。

そのため、多くの場合はドライブ装置の交換という形での解決になります。

保存されたファイルが開けない時にデータを復旧するには?

また、MOドライブの本体の寿命や重度の破損の場合は、修理ができない可能性もあります。

トレーの内部に埃やごみが入っているだけの場合は、そちらを分解で取り除けば、
またディスクが読み込み直せる見込みもあります。

ですが一般の個人で一度分解をすると、うっかりケースやパーツを損壊させてしまう可能性もあり、
事故責任の下で慎重に作業を行う必要があります。

また、MOディスクに大きなキズなどの異常がある場合は、修復が難しくなります。

どうしてもMOが認識できず、書き込みしていた内部の大事なファイルが開けない時は、
やはりデータ復旧サービスに問い合わせて、復元をしてもらわれることをおすすめします。