外付けや内蔵のFDドライブの認識エラーを修復するには?

FD[フロッピーディスク/floppy disk]は、
パソコン用の磁気ディスクのタイプであるデータ保存メディアとして普及しています。

近年ではSDカードやUSBメモリ、DVD-RWなどの次世代メディアと世代交代しつつあるものの、
今も小規模ながら簡易的な保存媒体として取り扱われています。

FDは内蔵型または外付け型のFDドライブ[フロッピーディスクドライブ]から読み込みます。

ですが、購入して接続を試みた時、または長い事読み込みを繰り返し使っていくうちに
稀に認識ができずエラーメッセージが表示されてしまうトラブルに
遭遇されてしまわれた方もおられるのではないかと思われます。

ドライブ本体の故障とFDディスクの破損、どらちに異常が起きているケースか
一目では判断が難しいため、おおまかに把握のできる方法をお伝えします。

フロッピーの故障を判別

まず、フロッピーディスクを今まで繰り返し使用してきたため
製品としての寿命が近づき、読み込みエラーが起きているかもしれません。

一度ディスクを抜いて普段使っていない別のディスクの読み込みを試してみてください。

別のディスクも読み込めなかったり、外付けFDドライブの電源が付かなかった、
あるいは電源を入れてもディスクを読み込む音がしない、という時は、
ドライブ機器本体が過熱や老朽化などの理由で故障している可能性が考えられます。




フロッピーディスクドライブの接続不良

FDドライブが正常に稼動しているようで、それでも読み込めない場合は
お使いのパソコン本体との接続不良が起きている場合もあります。

長時間ドライブ機器を稼動させていると一時的にシステムのダウンが起きてしまう例もあります。

電源を一日ほど抜いて機材を冷まさせてからまた起動してみると、
再びフロッピーディスクが読み込めて修復できる事もあります。

FDドライブ本体が故障していると見られる場合はメーカー先の保証サポートや私設のパソコン修理センター、
あるいはジャンクショップなどで、修理で診てもらえるかどうか、問い合わせてみます。

※近年ではフロッピーディスク関連のサポートサービスがすでに終了されているケースもあります。

FDディスクが破損していると見られる場合や、ファイルが消えてしまった場合には、
データ復旧サービスセンターにて、中身のディスクを診断してもらい、
ファイルを抽出する形で修復してもらわれることをおすすめします。



『「FD:フロッピーディスク」のカテゴリーの前後のページ』

«

»