NASのハードディスクをフォーマットして問題を修復するには?

BUFFALOのLinkStation(リンクステーション)やTeraStation(テラステーション)といった
ネットワークドライブ]は、NAS(ネットワークアタッチストレージ)と呼ばれる記録装置に該当します。

ネットワークアタッチストレージのHDDに不具合が出たら?

近年ではネットワークに接続できる様々な電子機器が普及しているため、
デスクトップパソコンからLANケーブルで接続したり、自宅・自社サーバーからアクセスしたり、
ノートパソコンの内蔵無線LANカードで接続したり、スマートフォンやタブレット端末から繋げる、
といった応用性を広げて使う方法があります。

ですがその分、NASに搭載しているハードディスクドライブが映像や音楽、画像といった
容量の多いファイルですぐに埋まってしまい、頻繁に書き換えを繰り返す場合もあります。

またHDDのセクタが断片化して読み込みが遅くなることもよくあります。

そんな時には一度NASのケースの内蔵ハードディスクドライブを整理してから
「ディスクフォーマット」を行い、アレイの構築を見直してみることで
読み込み速度の遅延や故障、エラーを防止、修復していくことにもつながります。




ネットワークドライブのハードディスクの容量は?

まず、LinkStationなどのネットワークドライブの製品に
最初から同梱されているハードディスクドライブは購入の段階ですでに
フォーマットと初期設定が施されていて、すぐに使用できる物が多いです。

しかし同梱のハードディスクの最大容量が500GBや1GB以下の場合だと、
近年の大容量データが多い時代、使い方次第では空き領域が早く埋まることもあります。

(更にRAID1設定にすると、最大容量は二台分から一台分に半減します。)

別の機器のハードディスクを設置する時は?

また、今までに別のパソコン本体や外付けHDDケースに使っていたハードディスクを取り外して
NASに付け替えて再活用する場合、データがすでに埋まっていたり、Cドライブの
プライマリパーティションで相当使い込んでいると、処理速度が遅くなっていることもあります。

そんな時には一度、保存しているデータを全体的に整理して、不要なファイルやフォルダを
削除しながら、必要なファイルを一つのフォルダにまとめてみます。

ストレージのエラーを初期化で修復するには?

そしてそのフォルダを圧縮したりして低用量化して、別の外付けハードディスクやSSDなどにバックアップを取ります。

それから、ネットワークドライブ付属のウェブ管理システムを起動して、
HDDまたはアレイ全体のフォーマット(初期化・リカバリ)を行ってみましょう。

また、新しく新品のHDD買って交換した時にもディスクフォーマットを行いましょう。

RAID1システムを使っている場合は自動的にリビルド(再構築)で
データがもう一つのHDDからそのままコピーされる仕様の製品もあります。

注意点として、フォーマットやアレイの削除といった操作を行うと、それまで書き込みしたデータがすべて抹消されまず。

必ず別の記憶装置に確実にバックアップを取って確認してからネットワークドライブの初期化作業を実行してください。

コンピューターの修理やデータ復旧のサービスに依頼する

ハードディスクを初期化してもまだ調子が良くない時、特にカリカリ…カチカチ…と変な音が
出てくる場合は故障しかかっているそれがあるため、すぐに交換されることを推奨します。

もしもNASがネットワークに繋がらなかったり、HDDが読み込まれない、といった原因で
作業が進まずどうしてもわからないので誰かに作業代行を頼みたい、という際には、
LANの構築や設定に詳しいパソコン修理サポートやシステム管理サービス、
またはデータ復旧サービスセンターに、依頼をされてみてください。