ノートパソコンのハードディスクを換装して修理するには?

通常、パソコンに内蔵されているハードディスクドライブ1個の使用できる製品寿命は
2年から5年あたりが目処で、完全に故障して動かなくなる前に新品に換装する必要があります。

ノートパソコンの場合は内蔵HDD(2.5インチ)の大きさと最大容量がデスクトップの
3.5インチ型よりも小さいものの、本体の外への持ち歩きや室内での移動などで
強い衝撃や異物の侵入にかかりやすいため、更に故障が起きやすい点もあります。

また、デスクトップパソコンのPCケースよりもパーツの収納スペースが狭く内部が密集していて、
更にコストの関係で内部の部品も全体的にスペックと容量がやや低い傾向にあります。

HDD交換の必要

ノートパソコンにはこういった、不具合が起こりやすい要素がいくつかあるため、
内蔵ハードディスクドライブの交換修理をいつか行うことを
前提にして使っていった方が後々のためにも良いでしょう。

基本的に、PC本体をショップで買った後で1年~長期保証5年くらいの間にHDDが壊れ始めたら、
PCメーカー先のカスタマーサポートセンターに提出をすればハードディスクの交換をしてもらえます。

しかし、落下や水濡れで壊れた場合は有償での修理の対象となることも多いです。

中古ショップで買っていた場合でも、購入した店舗で1年間保証が実施されていれば、
その期間内でしたらHD換装などで直してもらえます。




しかしカスタマーサポートの場合、お預かり期間が2週間から一ヶ月以上、と
長いことも多いため、すぐに直したい時はご自身でハードディスクを購入して
自力での換装作業を行う方法もあります。

注意ポイントとして、ノートブックPCは部品の収納スペースや接続が据え置き型よりも狭く
、多少HDD交換が難しいのと、DELL製品のように独特なパーツと設置方法で構成された
製品もありますので作業を行う前にはメーカー製品おきの取扱説明書なども参照にご確認ください。

またパソコン修理サービス店にハードディスクの換装作業を代行してもらわれることもおすすめします。