コンピューターの修理が簡単に出来る場合とは?

現代での一般家庭の日常生活やオフィスで内での仕事上では、
パソコンやモバイル端末、家電製品をはじめとして非常に数多くの電気製品や機器に囲まれた、
まさにデジタルライフとも言える状態です。

屋内の電子機器には、パーソナルコンピューター、プリンター、コピー機、
RAIDケース、CDプレイヤー、NAS、DVD/BDレコーダー、エアコン、空気清浄機、
冷蔵庫、ポット、炊飯器、選択乾燥機、加湿器、液晶ディスプレイ、デジタルカメラ、
掃除機、自動食器洗い機、デジタルオーディオプレーヤー、など多くの製品があります。

これらのエレクトロニクス製品はパソコンのようにデリケートな精密機器から
衝撃耐性・防水機能が備えられた頑丈な機器まで様々なタイプがあります。

電気製品ごとに故障が起きる原因はそれぞれ異なるものなのですが、修理の仕方もその分、
千差万別であるものの、わりとあらゆる電子機器に共通した簡単な直し方というものも存在します。




まず、理由として、コンピューターには共通した故障やトラブルのパターンがあります。

例として、電源コンセントが引っ張られて抜けていたり、いつの間にか自分または誰かがプラグを
外していてスイッチが付かない状態。これはコンセントを差し直すことですぐに解決できます。

また、iPadやiPhoneは、本体のiOSが破損しても、パソコンと同期接続をして、
管理ソフトウェアのiTunesを開いて、そちらからオペレーティングシステムの復元を行うこともできます。

次に、長い間の使用や管理の不備によって機械の内部や隙間の空気口、表面などの部分に
小さなごみや埃、塵が溜まっていて通気性が悪くなり、中身の装置に過熱が出てしまうケース。

この場合は外側もしくはカバーの内面にある異物を綺麗に除去すれば
割と簡単にあっさりと直る可能性も高いです。

小型のノートパソコンやタブレット端末のように、ケースを開けて内部を確認するのが
一般個人では難しいコンピューターの製品が物理的に破損していると思われる場合には、
プロのパソコン修理サービス店にて見てもらわれることを推奨します。

次に、ケーブルや電源コードが曲がっていたり引っ張られすぎて、
中身の断線や折れ曲がりが起きている場合。

延長コードなどが激しく折れ曲がっていたり、
差し込み口部分が割れていたら、別のケーブルに取り替えしてみましょう。

次に、データが記録されているディスクにキズや汚れが付いている場合。
読み込み面の傷やゴミは小さな物であればディスククリーニングキットに
掛ければ気軽に修繕することが出来ます。

他に、電化製品をしばらく使っていなかった後に急に動かしたためか、正常に起動・稼動しない、という場合。

これは内部に湿気が充満していることが考えられます。

暫く電源コンセントをさしたまま半日から1日ほど待って、もう一度付け直してみましょう。

これらの簡単な修理方法で電子機器が直らなかったら、
各機材おきのトラブルシューティングの解説に沿って、修復を試みてみましょう。

それでも破損がひどくてもし直せそうに無い場合は、プロのコンピューター・家電の
修理サービス店にて見てもらわれてみてください。