パソコンの内部パーツを買い替えて修復するには?

古い型のパソコンや、故障してしまったPC本体は、そのまま本体ごと処分をされる前に、
まだ壊れたパーツのみを取り外して、替えのパーツと交換することで修復できる見込みがあります。

部品の取り出し

以前にパソコンを買い替えてから使わなくなった旧型のマシンなどがありましたら、
その内部には、まだ壊れていないメモリやCPU、CPUクーラー、ハードディスク、グラフィックカード、
DVDドライブ、電源ユニット、マザーボードなどがあり、そちらと交換することで、
多少スペックは落ちるものの、また稼働させて使用を継続することもできます。

なので、まだ使えるハードウェアや、パーツの一部が壊れただけのPCは、
まだまだ使用の方法がありますので、予備パソコンとして取っておいたり、
自分で分解して使える部品だけ残しておく、という使い道があります。




新品のパーツを購入

他にも、電気店や中古品の取扱店にて、個別の部品の購入や、買い取りをしてもらう方法もあります。

パソコンをはじめとするコンピューター製品や周辺機器の付属品やユーティリティーは、
大手のメーカーの店舗や通信販売で、取り寄せすることもできます。

またはジャンクショップにて、独自の特殊なパーツが個別で販売されています。

付け替え作業

デスクトップパソコンの場合は、PCケースが大型でスペースが広く、
またケースの蓋も取り外しやすいため、HDDやメモリ、DVDドライブなどの
多くのパーツは、取り外しと付け替えがある程度簡単に行えます。

ですが、マザーボードを交換する場合や、小型・薄型のノートパソコンの部品の換装の場合は、
やや難しくなってくるため、自身では難しそうで不安、という時には、
プロのパソコン修理店にて、修復の作業を行ってもらわれることをおすすめします。

PC専門店の多い東京都千代田区の秋葉原の中央通り沿いなど、大きな電気街は競争率も高く、
パーツの買い替えやパソコンの修理作業の代行の依頼の際にはやはりお得です。

正常に起動できるかどうかを確認

パソコンの型番やアプリケーションソフトウェアのバージョンは、基本的に最新のものであるほど性能は高いのですが、
同時に古いスペックのマシンやOS、または逆に新しいOSに対しての古いソフトウェアでは、
動作環境の条件が満たずに正常に動かない場合があります。

動作環境を満たしたパーツに交換したり、互換性のトラブルシューティングで起動をして
修復されてみることをおすすめします。

また電子機器のパーツは、価格の変動の激しい市場なのですが、希少価値の高いアイテムは
高額で買い取ってもらえることもあります。

サポートセンターでの代行作業の注文

故障したパーツそれ自体は、その製品の回路を修復するというよりも、多くの場合は
別の部品に交換する形で修理を行うことになります。

ですが、小型・薄型のノートPCのように個人では少し分解や換装の作業が難しい製品も多いため、
その場合には、上述の通り、専門のパソコン修理センターで直してもらわれることを推奨します。

ハードディスクの内部に保存されたファイルが開かなくなって、先にそちらを復元したい、という際には、
専門のデータ復旧サービスセンターにて、取り出しの作業をしてもらわれることもおすすめします。