Windowsの再インストールでシステムエラーを回復するには?

WindowsパソコンはOS(オペレーティングシステム)を自分で再インストールして
全システムやプログラムを初期化状態(購入時と同じ設定)直すことで、
システムのエラーやバグ、その他障害などを修復できることをご存知でしょうか?

ウインドウズのOSにはWindows95・Windows98・Windows2000・WindowsME・
WindowsXP・WindowsVista、7、8/8.1.、10といったバージョンがあります。

通常、店頭でパソコン本体を購入する際には最初からインストールされており、
すぐに使用ができるパターンが多いのですが、同時にOSプログラムの
インストール用CD-Rも同梱されている製品も多くあります。

コンピューターウイルスに感染してシステムの多くが破損してしまったり、
内蔵のハードディスクドライブが壊れてしまい交換しなければならない時、
他にもローカルディスクの空き領域が埋まってしまい稼動に支障が出てきた時、

また間違ってWindowsのプログラムを消去してしまい正常にOS画面が開けなくなった場合などの
アクシデントが起こった場合には時に、リカバリーCDを用いて再インストールを行う必要があります。




またWindows XPのSP2(ウィンドウズ エックスピー サービスパック2)などに
アップグレードしてシステムの更新をする、といった場合にも
再インストール(アップデート)で行うことができます。

再インストールの直後はウイルスのセキュリティ対策が出来ていないため、
ネットワーク接続は必ず事前に切っておいてください。

インストールの作業自体はディスクをCDドライブに挿入して表示された
プログラム画面の手順に従って作業することで、簡単に実行できます。

しかしその前に可能な状態でしたら必ず主要なデータやプログラムを他の外付けHDDやSSD、
RAID、NAS、DVD-R、個人用サーバなどの外部接続機器にバックアップを取ってください。

データの移し変え作業が不可能なほど深刻なエラーや破損が起きている場合は
無理に自分で行おうとはせずに、
専門のデータ復旧サービスやPC修理センターに依頼をされてみることをお薦めします。