システムツールからデータをバックアップして保存するには?

Microsoftのオペレーティングシステム Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)には、
独自のデータバックアップ機能がシステムツール上に存在します。

Windowsはパソコン用に搭載されているOSで、バックアップ用のユーティリティは主に、
そのマシン内部の貴重なデーターなどを保全するのに役立ちます。

起動方法はまず、デスクトップ画面のスタート・メニューからすべてのプログラム→アクセサリ
→システムツール→バックアップ、とマウスのカーソルを移動させて開きます。

ここで「バックアップまたは復元ウィザード」が展開されます。

(ツールの設定を有効にしている場合のみ展開されるため、もし無効にしている時は
「ツール」からバックアップウィザードを開いて保存機能を有効にしましょう。)

詳細モードでバックアップ領域の新規作成を行い、パソコン内部または
リムーバブルディスクのどのディレクトリに保管するかを操作します。

保存場所としては、ハードディスクドライブが物理障害を起こして
せっかくのバックアップフォルダごと読み込めなくなるトラブルの発生を想定して、なるべくは
外付けHDDやUSBメモリなどの外部接続型の記憶装置の内部フォルダに設定される事を推奨します。





Windows8やWindows8.1、Windows7など新しいオペレーティングシステムの製品では
「ファイル履歴」など新しいバックアップの標準機能が搭載されていますので、
それぞれのユーティリティーをぜひ活用されてみてください。

あらゆるデータフォーマットは基本的に大抵のものでしたら何でも
コピーして保管できるのですが、現在他のアプリケーションで使用中のファイルや
一部の壊れたファイル/フォルダはバックアップが出来ない時もあります。

バックアップが開始されて最後に完了画面が表示され、外付けHDDやRAID、DVD-Rなどの媒体の
指定のフォルダにしっかりとデータコピーが出来ているかを確認します。

この機能はWindows XP Home Edition(ホームエディション)などシステムツールに
標準で付いていないOSもあるため、XP Professional以外のOSを使用していて
大容量のバックアップを取りたい場合は、市販の専用ソフトウェアなどをお使いください。

もしデータのバックアップができていない状態で誤って必要なファイルを削除していた、という場合は、
プロのデータ復旧センターにて、復元をしてもらわれることをおすすめします。



『「バックアップから復活」のカテゴリーの前後のページ』

«

»