トラブルシューティングによるシステムの回復方法とは?

Microsoft Windows OS(オペレーティングシステム)やMicrosoft Internet Explorer(IE)、
またExcelやWordなど、Microsoftの製品や、
AppleのMac OS Xをはじめとする数多くのコンピューターやソフトウェアのプログラムには、

データやアプリケーションがシステムエラーなどを引き起こして破損してしまった時に
コンピューターの状態を正常に修復するためのマニュアル事項や復元システムである
トラブルシューティング』の項目が実装されています。

トラブルシューティング(Troubleshooting)というのは、アクシデントが発生した際に
原因を探索・特定して解消する用法で、電子工学的な用語としても広く知られています。

上記のように有名でかつ大規模に普及されているソフトウェアプログラム
システム・プログラムにはよく補助機能としてトラブルシューティング機能が付属されています。

ダウンロードディスク

または、WindowsやMac OS X、各種パソコンや周辺機器、ユーティリティーの
メーカー企業先のオフィシャルホームページにも困った時のヘルプ解説が用意されています。

これらを活用して、例えばパソコンに問題が起きた場合に
ビープ音やエラーのアクセスランプの点滅・点灯などの様子からどのような故障が
発生しているのかを確認して、適切に対処できる手法を探せます。





またメーカー先のカスタマーサポートセンターやオフィシャルサイトにて
アクシデントの解決用のフォーラムや、お問い合わせの受付サービスも実施されています。

「パソコン本体のメモリやCPU、マザーボード、グラフィックカード、ハードディスクなどの
 各種パーツのスペックは新しいアプリケーションソフトの動作環境に対して不足していないか?」

「電源コードは正常に入っていて、コネクタやACアダプターはしっかり繋がっていて
 その装置に対応されている付属品で、間違って別の物を繋げてはいないか?」

といった基礎的な設定ミスから、プログラムソフトごとのピンポイント的なアドバイスまで、
様々なトラブルに対する解決方法を調べることができます。

なるべく正確に問題を解決して直したい、という際には、メーカー先のサポートか、
私設で営業されていますパソコン修理サポート店やデータ復旧サービス業者に問い合わせをして、
診断を行ってもらわれることもおすすめします。



『「システムのリカバリー」のカテゴリーの前後のページ』

«

»