コンピューターシステムのダウンや障害を予防するには?

現在はほとんどの企業がITを用いた業務を取り入れ、個人事業主や一般家庭に至るまで
ITとコンピューターの設備環境による事務を一般的に導入する時代となっています。

また、新たなシステムも世界規模で続々と開発されています。

しかしここでコンピューターシステムの安全な運営という課題も同時に求められるため、
逆にITに依存した社会になるほどエラーや障害によるシステムダウンにより、
ネットワーク上のな機能までもが連鎖的に脆くなってしまうという問題も抱えられています。

故障やその他障害のトラブルを0にすることはさすがにまず不可能なのですが、
あらかじめ緊急時のための対策を施していくことでシステムの障害や
それによる被害を大幅に食い止めることができます。

パソコントラブルに悩まされている方、今現在サーバーを運営されている方、これから新しくIT企業を
立ち上げてシステムを開発していこうとされる方はぜひご参考にいただければと思います。

企業や個人で開発・運営するデータ、特にサーバーのように24時間・365日でフル稼動させていく機器は
負荷によるダウンを起こしやすくまた自身で管理していくにはどうしても限度があります。





そのため、多くの企業では、社内のサーバなどのシステムを24時間体制で運用・監視を
行って頂けるサポートサービスの管理会社に依頼をして運営・管理を代行してもらう体制を取っています。

あまり規模の大きくないイントラネットやデータベースのサーバなどのIT機器でしたら
管理の専用ソフトウェアやシステムを用いて自身で管理していく事も可能です。

ウェブブラウザなどのソフトウェアで何か軽い不具合が出た時には、フィードバックを送信して、
適切な対処方法をサービス元へ報告したり問い合わせてみる方法もあります。

フィードバック

テラステーションやリンクステーション、ランディスクといったNASの製品は、
ご自身でパソコン本体からのアクセスでチェックができます。

突然の被害によりダウンや損壊が起きた場合に備えてディザスタ・リカバリ対策など、事前に
システム管理会社やデータ復旧サービス会社との契約を結んでいくことも対策要素の一つです。

ハードウェアに故障が発生した際にすぐにでも復元作業の注文に
取り掛かることもできますので、いざという時には大変助かります。



『「システムのリカバリー」のカテゴリーの前後のページ』

»