パソコン修理を格安の値段でお願いできる場合とは?

1年~3年以上の長い期間使用していたパソコン本体がある日
とうとう故障してどうしても直せなくなってしまい、しかもすでに
保証期間が切れてしまい、有料で修理してもらいたい、という場合について。

パソコンの修理サービス店の選び方は?

そのPCメーカーのカスタマーサポートか私設のコンピューター修理業者の方に
電話かメールで壊れた状態の方を詳しく伝えると、後にメールか手紙で
詳細事項を記入する依頼書が届きますので、記載した後に故障した機器を出します。

ですが、パソコンサポートの業務を実施されている会社は全国都道府県の各地域に
数多くあり、またそれぞれの店舗で時折、格安料金のサービス期間が
実施されていることもあり、必ずしも一つの場所で聞ける必要はありません。

安い代金で済むポイントは、初期の検査の費用が掛からずに受けられる、
格安サービス期間が設けられている、パーツの交換が安く済む、障害が一箇所だけである、
家や会社から近いのですぐに持ち込みできる、WindowsのようにメジャーなPCである、
原因が特定できている、システム上のトラブルで部品は無傷、などの要素があります。

また、東京都や大阪府、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、福岡県、北海道といった
各地の都道府県の大都市近辺では業者の数が多くビジネス的な競争率も高いため、
修理費用の格安さにもその分磨きがかかる傾向にあります。




パソコンのパーツの分解と修理をしてもらうには?

自作組立パソコンに詳しくて、パーツの分解や付け替え、増強の整備に慣れている
友人・知人の方が知り合いにいましたら、その方に頼んでみるのも一つの解決策です。

また、交換するパーツは、個別に自由に好きな製品を購入することもできます。

宅配便に来てもらって郵送してもらうとその分、重い機材、遠い地域ほど送付の費用が掛かります。

車に乗せて運べるくらいの距離でしたら、自身で修理受付センターの窓口先まで持ち込みするのも、
節約できて良いでしょう。

リカバリーディスクの取り寄せによる修復方法とは?

例として、NECパソコンのCドライブのWindowsのOSを間違えて初期化した、
あるいは、HDDの中身を全部フォーマットしてしまった、という場合は、
リカバリーCDディスクをサポートセンターに電話で注文して送付してもらい、
そのディスクを内蔵ドライブに挿入して再セットアップを行うことでOSを修復できます。

あるいは、付属のXP起動ディスクを挿入して「スタートアップ修復」か
「システムの復元」を使用できましたら、先にそちらでの修復をお試しください。

業者のパンフレットや店舗の看板、ホームページに『パソコン修理が激安!』
という具合に書かれていても、一応他の修理サービスとも値段を比較して
軽くでもいいので料金差を見比べてみるのも時には必要になります。

身の回り品担保特約による機材の損失の補填とは?

自動車保険に契約して加入をされる際に、身の回り品担保特約を付帯していれば、
トランクやキャリア、後部座席や引き出しなどに積んでいた高価なパソコンなどの機材といった荷物や
内装、小物が破損して損失した時にも、一定の額で保険金を支払ってもらうことができます。

特約は、通常のサポートのみでは損害賠償、修理費を補填してもらえないケースの部分を埋めて、
より安全の充実したサポートを得るためのお役立ちのサービスです。

保険会社によって指定が指定が細かく違う面もありますので、補償の対象外である部分など、
身の回り品担保特約に加入される際には、対象の範囲を一通り確認されてみてください。

また、保険のサービスは、保険会社やその各サービスプランによって支払い価格が大きく違いますので、
もしあまりご自身の経済状態と合わないプランで設定をして加入をすると、
後に保険料で損をしてしまうことも多いので、まずは値段を比較してから決めることも大切です。

データリカバリーのサービスセンターで復旧してもらう

ハードディスクドライブ(HDD)が故障してしまい中身のデータが開けなくなったり、
メモリディスク(SSD)に保存していたファイルを間違えた削除した、という際に、復旧のサービスを一緒に注文する場合は、
パソコン本体でHDDやSSDを交換してもらう作業とは別に、先にこのデータ復旧の作業の方を、
専門のデータのレスキューサービスセンターに、注文をされてみることもおすすめします。