データ復旧サービスで破損から修復できる機器とは?

パソコンなどのデータの破損や削除、機器の故障の時にお役立ちのデータ復旧サービスでは、
ファイルの復元や回収が可能な機材にはどういったものまで対応している?という疑問について。

復旧可能な保存メディア

リカバリーが可能な主なメディアとサービスについて、まず、主な補助記憶装置は、
パーソナルコンピューターに搭載されているHDD、SSDをはじめ、次にメモリーカード媒体の
USBメモリ、microSDカード、xDピクチャーカード、コンパクトフラッシュ、スマートメディアなどがあります。

CD-RW、DVD-RW、BD-RE、フロッピーディスク、MO、といったディスクメディアも使われています。

また、外付けハードディスクケースやRAID0~10、ランディスク、テラステーション、リンクステーション
などのNAS,、そしてサーバーといった、大容量の記憶装置もあります。

特にパソコン関連のものは細分化されていて、機材やメーカーの多さの分、ジャンルも幅広いです。

これらの機材の多くは、物理的に破損してしまうとパソコンで読み込みができなくなるのですが、
専門業者のデータ復旧サービスで、内部のファイルの取り出し作業を行ってもらえます。





リムーバブルハードディスクやサーバ、レイドといった数百GB~数TBの
巨大な容量の記憶媒体は、膨大なデータの最大容量の
ディレクトリがあるため、読み込みやスキャンに時間がかかり、多くの費用が必要です。

そのため、パソコンの内蔵ハードディスクやSSD、また外付けHDDやRAID、NAS、サーバ
といった機器は、物理障害、論理障害の対応ともにある程度の予算が掛かります。

ですが、microSDメモリーカードやUSBメモリ、xDピクチャーカード、DVD-RW、CD-R、
スマートメディア、フロッピーディスク、マルチメディアカード、コンパクトフラッシュといった
最大容量の少ないデータ記憶メディアはある程度、データ復旧サービスセンターにて、
格安で受け持ってもらうことができます。

PC関連の機器でしたらほぼ一まとめに、破損や削除からの修復作業を請け負って下さっている
業者様も多いので、お気軽に電話やメールにてデータ復旧サービスでのご相談をすることができます。



『「データ復旧サービスセンター」のカテゴリーの前後のページ』

»