タブレット端末でインターネットが接続できない時の回復

液晶モニターに表示された画面がタブレット式で、そのまま指や電子ペンを使った入力装置になっている、
「タブレット端末」(Tablet Computer)は、パソコンや携帯電話と同じように、
無線LANを通してインターネットに接続することもできる、非常に便利な電子機器です。

しかし時々、なぜかインターネットが繫がらずに困ってしまう、
といった、タブレット端末での接続のトラブルが発生することもあります。

そんな時には、どうすればネットワークへの接続の状態を回復することができる?という疑問について。

モバイル機器の契約の状況と設定を確認する

まず、iPadやXperia Tab、Arrows Tab、GALAPAGOS、REGZA Tabletなどの、
タブレット端末を電気店やパソコンショップで購入する時に、
多くの場合で一緒にインターネットの回線を契約することにもなります。

通常、店員との相談の後でネットワーク回線への接続の契約をして、
どの通信サービスを使用するかによって、その後のインターネットの使い方も少し変わってきます。

携帯電話やスマートフォンと同じタイプのモバイル端末の機種で、同じ電話会社であれば、
そのままタブレット端末単体だけで、ケータイと同じように通信ができる場合が多いです。




無線LANルーターで接続できない原因を見直すには?

しかし、インターネットを契約する会社のサービスやタブレットPCの機種の組み合わせによっては、
無線LANルーター]を間に中継することもあります。

そのため、タブレット端末の本体が自宅に届いても、まだ無線LANルーターの方が自宅に届いていなければ、
ネットワークに繋げようとしても、アクセスする回線がなく使用ができない、というパターンもあります。

また、ルーターとスレートPCの両方とも自宅に届いた段階ではあまりないのですが、
まだインターネットへの接続の契約の手続きにかかる期間が終わっていないため、
あと数日ほど待たなければ使えない、ということもありますのでご注意ください。

いざインターネットを使うには、最初にPINのコードやユーザーアカウントのIDの入力、
次にパスワードの入力、そしてユーザー登録の入力などが必要になります。

この手順で、タブレット端末での入力のミスや設定の間違えをうっかりしてしまわないように、
焦らずよく確認しながら、インターネットへの接続までの作業を進めて、回復されてみてください。




モデムの電源が切れていてインターネットに繋がらない

次に、タブレット端末(Tablet terminal)の操作をしている時に、電源を起動してから、
急にインターネットが遮断されて繋げられなくなった場合の対処法について。

まず、無線LAN(Local Area Network)のルーターやモデムの回線を通して繋げている際は、
そちらの機器の電源がオフになったか、バッテリーが切れていて、
ネットワークへの接続ができない状態になっていないかどうかを見てみます。

ご家庭で家族共有で、または車内で社員共同でスレートPCやモデムを使っているとたまに、
いつの間にか誰かが充電器からルーターやコンセントを外していたり電源をオフにしていた、
ということもよくあります。

また、無線LANルーターにあるUSBポートに、何かの電子機器のUSBコネクタを差し込みしていると、
インターネットの回線が切れて、そちらを取り外すと接続が回復する、というケースもあります。

また、iPadがほかの回線でもつながらず、タブレット端末の本体に何か基板の故障といった深刻な不具合が出ていそうな時は、
専門の修理サービスセンターにて、見てもらわれることをおすすめします。




タブレット端末を電波が良くない場所で使っている

次に、有線のLANケーブルでLANポートからモデム、電話回線(または光ケーブルなど)で、
しっかりと物理的に繋がっているネット回線とは違って、
Wi-Fiや無線LANの場合は電波の届く具合によって、アンテナ表示の本数が変化します。

なので、タブレット端末の位置を変えてみると、アンテナの本数が回復する場合があります。

例えば、トンネルの中や地下フロア、エレベーター、高層ビルの裏といった物陰の場所や、山奥、海上、
高速道路、乗り物での移動中、住民の少ない離島、海外の僻地やその他サービス適応外の場所などの、
電波状況が良くない位置にいる時は、インターネットの通信回線が非常に繋がりにくくなることもあります。

その際には障害物が少なく、市街地に近い方向にタブレット端末を移動して、
もう一度インターネットにアクセスしてみると、接続ができない状況から回復する可能性があります。

また、Androidでアクセスポイントやテザリングを使用してモバイル接続を共有する手法なども参考までに。

たまに、ご自宅や自社でも、タブレット端末へ電波が届きにくい地形の場所であると、
無線LANをお使いの場合、平常時でもインターネットが繫がりにくいことがあります。

契約した電話会社に連絡をして、ネットワークが繫がりづらいことを相談してください。

また、タブレット端末のフォルダーにアクセスできない時は?という疑問については、こちらのページにて。

製品の修理サポートの受付にて相談をしてみる

それでも現段階では不具合がどうしても改善できないようでしたら、手続きが面倒なのですが、
別のインターネットサービスの会社に変更されてみるのも一つの方法です。

稀にタブレットPCやスマートフォンの製品の初期不良や、持ち歩きの衝撃による故障で、
機器の内部の回路が破損して、インターネットが繋げられなくなったり、
モバイル型コンピューターの本体自体が完全に壊れてしまう、といったトラブルが出た時は、
タブレット端末を一度、修理に出して直してもらうか、新品への交換をしてもらうこともおすすめします。