タブレット端末のフォルダーにアクセスできない時は?

タブレット端末(tablet terminal)のコンピューターを日々お使いの際に、
ある時、内部のフォルダーとそちらに保存してあったファイルにアクセスができない、
といった状態になった場合、どのようにすればデータの復旧ができる?という疑問について。

一度iPadやAndroidの電源を止めてから再度起動する

まず、iPadのiOSやAndroidの調子に問題があって、正常に動かない場合の対処について。

ひとまず、一度タブレットPC本体の電源を切ってから、
オペレーティングシステム再起動をして開き直されてみてください。

または、OSのプログラムのアップデートを実行してください。

タブレット型コンピューターの製品に、現在起きている問題の具合によっては、
各製品(オペレーティングシステム)の操作の方法に沿って、一度初期化を行う必要も出てきます。

その際、事前に内部の個人用データがバックアップできる状態であるかを先にご確認ください。

また内部のファイルにアクセスできなくても、まだ別の機能やサービスから復旧できる見込みがあります。




タブレット端末の液晶モニターの画面が割れた場合は?

次に、アイパッドやアンドロイドのタブレットPCにある液晶モニターが割れてしまい、
デスクトップのメニュー画面が正常に映らない時の、データの読み出しの仕方について。

まず、液晶のディスプレイだけ映らない状態で、電源自体は正常に付く場合は、
まだオペレーティングシステムの方は動作できている可能性が高いです。

パソコンの本体を別にお持ちであれば、付属のUSBケーブルで接続して同期を行うことで、
一部のフォルダーにあるデータを、そちらから読み出しできる見込みがあります。

iPadの場合は、パソコンの本体にインストールして使用する、
管理用ユーティリティーのiTunes(アイチューンズ)を起動して、USBケーブルで同期を行って、
一部のフォルダーの内部に保存されている、ファイルの読み込みを試みることができます。

ですが、同期によるストレージの接続の許可が必要な設定がスレートPCの方でされている場合は、
液晶モニターの破損の箇所と状態によっては、タップができずにフォルダーが開けないこともあります。

Windowsのエクスプローラーでデバイスを開く手順

次に、Windowsのエクスプローラーの画面で、タブレット端末のフォルダーを開こうとした時に、

「デバイスが応答しなくなっているか、デバイスとの接続が解除されています」

とエラーメッセージが表示されて、アイコンが開けない場合での対処について。

まず、その際にはWindowsのデスクトップの画面の左下のスタートボタンを押して、
「設定」→「デバイス」と進んで、メニューの「自動再生」を選択します。

タブレット端末の製品の項目で、「デバイスを開いてファイルを表示する(エクスプローラー)」を選択します。

これで、エクスプローラーから正常にフォルダーにアクセスできるかどうかを確認してください。

もしタブレット端末のOSが完全に破損してしまい、内部のファイルにアクセスできない時は、
専門業者のデータ復旧サービスセンターに出して、救出の作業を行ってもらうこともできます。

SDメモリーカードのデータを救出するには?

次に、AndroidのXperia(エクスペリア)やarrows(アロウズ)といった、
タブレット端末に搭載するSDメモリーカードから、データを開けない時の救出の仕方について。

まず、タブレット端末(Tablet PC)を持ち歩いている時に、
強打や落下といった強い衝撃で、ソケットからSDカードが外れかかっている可能性があります。

一度電源をオフにして、機種の本体に差し込みしているSDメモリーカードを取り外して、
もう一度差し込み直してから、また電源を立ち上げ直してみてください。

または、ほかのタブレット端末を借りて、試しにそちらでSDメモリーカードを読み込みして、
ディレクトリのファイルへのアクセスを試されてみてください。

USBカードリーダーでパソコンからフォルダーを読み込みする方法とは?

また、上記と同じく液晶モニターや一部のボタンが割れて正常に使用ができなくなっただけで、
まだタブレット・コンピューター自体の電源と、AndroidのOS自体が正常に起動できる場合は、
パソコンにUSB接続をして、SDカードのフォルダーへのアクセスをされてみてください。

電源自体が付かない場合には、タブレット端末の本体からSDメモリーカードを取り外して、
USBカードリーダー/ライターに差し込みして、データを読み込みする方法もあります。

そして、リムーバブルディスクとしてパソコンにUSB接続を行って、
内部のフォルダーを読み込む手法でアクセスをして、必要なデータファイルを、
他の補助記憶装置にバックアップする形で、復旧を行うことができます。

もしSDメモリーカード自体の回路が破損している時は、一般の個人ではアクセスができなくなるため、
それ以上の通電は控えて、プロのデータリカバリーのサービスに提出をして、
内部のファイルの取り出しをしてもらわれることを推奨します。




インターネットからクラウドにアクセスできない時は?

次に、iPadがインターネットに繋がらなくなり、iCloudやGoogle Driveといった、
クラウドストレージのサービスのフォルダーへのアクセスができない時の対処について。

まず、一度「設定」を開いて、ネットワークの接続ができているかどうかを確認してください。

無線LANルーターの方も、エラーが起きていたり過熱が出ていて、
ランプが普段と違う色に光っていたら一度電源を止めて、少し待ってから起動し直してください。

ほか、インターネット上で管理しているデータにアクセスできない時は?という疑問については、こちらのページにて。

また、iCloudなどでの設定をミスしていると思われる場合は、
アカウント名やパスワードの再確認をしてください。

データ復旧サービスセンターでスレートPCを見てもらう

ですが、タブレット端末の電源が立ち上がらない場合、本体に内蔵されたフラッシュメモリには、
一般の個人ではスレートPCのストレージへのアクセスが難しくなってしまいます。

タブレット端末の内部のフォルダーに個人用の大事なファイルが残っていて取り出したい、という時は、
専門のデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、本体の分解とファイルの抽出の措置を請け負われた製品を、
送付先に提出して状態を見てもらい、サルベージの作業を行ってもらわれることをおすすめします。