東北地方にあるデータ復旧サービスの企業・店舗とは?

東北地方の都道府県の、宮城県や福島県、岩手県、秋田県、山形県、青森県にて営業をされています、
コンピューターのストレージからの、データ復旧のサポートを実施されたサービスの企業・店舗で、
失ったファイルの救出を依頼する際には、どのようにチェックをしていけばいい?という疑問について。

データ救出のサポートで見てもらえる電子機器は?

まず、データ救出のサポートを実施されている事業で見てもらえる主な電子機器は、
パソコンの本体やワークステーション、スマートフォンやタブレット端末、
ほか外付けHDDやRAIDケース、USBメモリ、SDカード、DVDやCD、BDディスクなどが対象になります。

また、データの復旧を専門で請け負われているサービスでは、より多くの機材を受け付けていて、
大型で複雑なサーバやNAS(ネットワークドライブ)、レコーダー、その他さまざまな電子機器で、
誤った削除の操作やプログラムの破損、急な機材の故障といったアクシデントが発生した際に、
失ったファイルやフォルダーをサルベージする作業を、代行してもらうことができます。




宮城県の仙台市にあるデータ復旧サービスの事業とは?

次に、東北地方では宮城県に、データ復旧サービスの事業が特に多く立ち並んでいます。

主に宮城県の仙台市をはじめ、登米市、石巻市、大崎市、栗原市などの区域に店舗があります。

仙台市は東北地方で一番大きな、唯一の政令指定都市で、青葉区や宮城野区のあたりに、
特に多くコンピューター関連の店舗が営業されています。

より詳しくは、こちらの宮城県のデータ復旧サービスの事業のページを参考までに。

また、その近辺の市街地にも、パソコンやモバイルコンピューターの修理・設定のサポートとともに、
ある程度簡易的なデータの修復の作業を請け負われているサービス店があります。

福島・岩手・山形・秋田・青森県の各企業とは?

次に、福島県の福島市や岩手県の盛岡市、秋田県の秋田市、山形県の山形市、青森県の青森市など、
各都道府県の主要な都市部にも、データ復旧のサービスを実施された事業が多く立ち並んでいます。

また、パソコンのトラブル解決やスマートフォンの修理、ネットワークの設定といった、
ほかのコンピューター関連のアクシデントの解消のサポートと兼ねて実施されている店舗が多めになります。

東北地方の福島県、岩手県、山形県、秋田県、青森県にて、
営業所を置かれているデータ復旧サービスセンターについて、
より詳しくは、それぞれの県別の各企業の詳細ページをご参照ください。

福島県のデータ復旧・パソコン修理のサービス会社 については、こちらのページにて。
福島市をはじめ、会津若松市、郡山市、いわき市、伊達市など。

岩手県のデータ復旧・PCのトラブル解決サービス については、こちらのページにて。
盛岡市をはじめ、奥州市、釜石市、一関市、久慈市など。

山形県のデータ復旧サービスセンター については、こちらのページにて。
山形市をはじめ、新庄市、天童市、寒河江市、鶴岡市など。

秋田県内のデータ復旧・PCのトラブル解決サービス については、こちらのページにて。
秋田市をはじめ、由利本荘市、大館市、大仙市、湯沢市など。

青森県のデータ復旧サービスセンター については、こちらのページにて。
青森市をはじめ、八戸市、黒石市、弘前市、むつ市など。

自分で企業・店舗の受付に持ち込みをして提出もできる?

次に、東北地方にお住まいの方、お勤めの方でしたら、比較的近場であれば、サービスの受付窓口への来店で、
お持ちのノートパソコンや外付けのHDD/SSD、RAIDケース、USBメモリー、SDカードといった機材を、
自分で企業や店舗への持ち込みにより(なるべく予約の後に)提出をする方法もあります。

一方でデスクトップパソコンや大規模なビジネスサーバは、持ち運びが大変になりやすいので、
筐体に搭載されたハードディスクドライブやSSDだけ取り出しをして、持参をする手法もあります。

また店舗によって、来店の前には電話や電子メールでの連絡で、
先に相談窓口に問い合わせて予約を申請して取っておかれると、よりスムーズに手続きができます。

また、日本全国の各地域からの郵送での依頼に対応されている、
データレスキューのサービスも数多くあります。



デジタルデータリカバリー

データ復元のプランへの注文で掛かる費用の相場は?

次に、失ったデータをプロのサービス会社で復元してもらう際に掛かる費用の相場について。

まず、基本的にソフトウェア上での誤ったファイルの消去のミスやデータ記憶装置のフォーマット、
または拡張子の破損といったトラブルの「論理障害」は、数千円~一万数千円くらいの料金になります。

そしてPC本体やUSBメモリ、NAS、サーバといったハードウェアの故障によるアクシデントの、
「物理障害」を対象とするプランでは、数万円以上での金額になります。

料金はハードディスクやメモリーカードの最大容量が大きい規格ほど高くなります。

例として、データサルベージ 東北サービス拠点 様といった企業での、
ストレージごとの内部ファイルの復旧にかかる料金のコースも参考までに。

店舗のある地域によっては、場所の関係で料金がやや変わる場合もあります。

PCや端末の修理と一緒に請け負ってもらえる企業もある?

次に、東北地方ではデータ復旧業のみを専門として請け負われている企業は少なめで、
多くは故障したパソコンやモバイル端末の修理、また電子機器の組み立てや設定、
インターネットのトラブル解決といったサポートと併用で運営されています。

また、Macリカバリーサービス 様といった、Apple製のオペレーティングシステムのパソコン専門で、
データの復旧やPCの修理の作業を請け負われている事業もあります。

都市部から離れた小さな町では、PCといった機器の修理の受付のみが実施された、
代理店の営業所で注文することもできます。

東北地方だけでなく、北海道や関東、中部地方と、付近の都道府県にお住まいの方、お勤めの方にも、
コンピューターに関する様々なアクシデントの解消の際に、ぜひサポートをお役立て頂ければと思います。

東北地方のデータ復旧サービスセンターの業者への依頼

また、東北地方のデータ復旧サービスの業者へ依頼をされる際の要点の一つとしまして、
コンピューターの装置やハードディスク、メモリーカードに衝撃が掛からないように、
必ず丁寧に緩衝材にくるむ形で包装をして、安全に持ち運びまたは郵送で提出をしてください。

特に、内陸の山岳の地域や離島にお住まいの方は、輸送の際に強い振動が出る可能性があり、
また往復の時間も長くなりやすいため、機材の安全の確保もより重要になります。

そして、間違えてファイルを削除した、または破損して開けなくなったストレージを、
データ救出のサービスセンターに提出して、検査とリカバリーをしてもらわれることをおすすめします。