プリンターの詰め替えインクが使えない原因と解決方法は?

プリンター、複合機で使うインクカートリッジは、印刷を繰り返すとそのうちインクが無くなって
印刷できなくなるので、無くなったら新しいカートリッジを買って交換しなければならないのですが、
Canon、エレコム、サンワサプライなどの主な製品メーカーから、インクを自分で詰め替えて、
何度か繰り返して使用して消費を安くできる「詰め替えインク」という製品も販売されています。

インクカートリッジの製品の一例

・ELECOM 詰め替えインク キヤノン BCI-321・320BK対応5色セット5回分 THC-MP630SETN
・SANWA SUPPLY つめかえインク 5色セット 30ml BCI-320・321シリーズ対応 INK-C320S30S5
・BC-311 BC-310 キャノン(canon)詰替えインク パック Ecoink
・【ZHP178X4MP】HP用【HP178/HP920対応】詰替えインク4色セット器具付き ZECOO COLOR

プリンターへのセットのミス

最初のうちは詰め替えインクの使い方に慣れずにうまく使えないことも多く、
説明書に書かれている手順どおりにやったはずなのにトラブルが出てしまった、
という時の原因と解決方法について、説明いたします。

まず、購入したインクの製品は、お使いのプリンターに対応した種類であり、互換性が合っているかどうかをご確認ください。

間違えて違う会社の製品や違う色のインクを買って取り付けてしまうと、
うまく適した色が出せなかったり、故障の原因にもなってしまいます。

似た色で同じような形のカートリッジなら何でもいい、というわけではないので、
きちんと指定の当てはまるインクカートリッジを購入してください。

また、間違えて違う色のインクを違うカートリッジに注入してしまわないように、
補充の作業をする際にもミスがないように注意してください。

インクを差し込む時のゴムで出来た栓を付け忘れていないか、
または正しい位置にしっかりと入っているかもご確認ください。

インクがこぼれてプリンターの中に入ってしまうと、ショートしたり固まったりして
深刻な故障の原因になってしまいます。

プリンターのソケットにカートリッジをはめ込む時、下側を向けるため
インクがこぼれやすくなるので、手早く正確に入れるように、気をつけてください。

プリンター本体や詰め替えインクではなく、パソコンの方に問題の原因があった場合には、
PC修理サポート店の方で見てもらわれることを推奨します。




リセッターの使用を忘れた場合

次によるあるミスの例として、製品によってはインクカートリッジを補充する際、
付属の「リセッター」という機器に、USBケーブルを差し込んで、
カートリッジをはめ込んで使用状態のリセットを行う作業を忘れるケースがあります。

リセットの際にランプがピカッと光るので、これを確認してからプリンター本体にはめ込み直してください。

リセット状態になっていないと、インクカートリッジのランプが光らずに
本体に反応せず、認識されない(使用できない)状態のままになってしまいます。

なのでインク補充の旅に、リセッターの使用を忘れないようにしてください。

詰め替えインクの使用回数の制限

次に、詰め替えインクの製品には、回数の使用制限があり、インクボトルが無くなるまでの
4~5回あたりが一応の限度になります。

あまり無理に何度もそれ以上の回数を補充して使いすぎると、プリンターが故障してしまう原因にもなりかねません。

一つの詰め替えインクの製品を使い切って、トナーが無くなったら、
新品の詰め替えインクセットを、しっかりと再購入して使われるようにしましょう。

インクが出てくるのに少し間がある場合

またインクを補充して取り付け直した直後はインクの出口の表面が乾いたりして、
すぐにはちゃんとインクの液体がプリンター本体に流れてこないこともあります。

何かを用紙に印刷する事自体はできても、一部の色が使えずに画像の色合いが
おかしくなっている時は、一度カートリッジを付け直して、
数時間~1日ほどしばらく待って、再度印刷をし直してみてください。

それでも印刷がちゃんと出来ない場合は一度、『スタート→コントロールパネル
→プリンタとFAX→マイプリンタのアイコンを右クリック→プロパティ
→ユーティリティ
』 の項目で、プリンターのクリーニングを行ってください。

ちなみに中古のカートリッジをお使いの場合は、新品よりも不良品に
若干当たりやすい点があり、2~3%くらいの割合で初期不良を引き起こしてしまう場合があります。

その際には販売メーカー先に郵送で出して、交換をしてもらいましょう。

汚れによる破損

それらを行ってもどうやっても印刷が出来なくなった場合は、インクカートリッジか本体の金属部分が
インクや手の脂などで汚れが付着して認識できなくなっている可能性もあります。

一度カートリッジと本体表面の汚れを丁寧に乾拭きで拭き取って、
全部の機器の電源を一度切って起動し直してからもう一度差し込み直してください。

詰め替えインクを使用する場合、普通の交換用カートリッジよりも
慎重に作業しなければならず、汚れやインク漏れ、欠損、インクが合わない、
などの原因で、本体故障のリスクも高くなってしまいます。

そのため、極力注意して作業しなければならない難点もあるので、
パソコン初心者の方は無難に普通の交換用カートリッジを購入することも推奨します。

もし後で買ってきた普通のカートリッジでもなぜか反応しなくなってしまい、
プリンター・複合機の本体が故障していそうな時は、メーカー先のサポートか、
専門のパソコン修理サービス業者に問い合わせをして見てもらわれることをお薦めします。