ビデオカメラの液晶画面で映像ファイルを消去しても復旧できる?

エブリオなどのビデオカメラの液晶画面で動画を見ている際に停止しようとして、
誤って停止ボタンの下の削除ボタンに指が触れて、「動画ファイルを削除しますか?」 「Yはい」
を押して消去してしまった場合後から映像ファイルを復旧することはできる?というご質問について。

前にバックアップしていたデータを探してみる

まず、過去にパソコンのハードディスクに事前にバックアップしていたデータが
残っていたら、フォルダーに保管されている映像ファイルを探されてみてください。

一度誤って削除しただけであれば、まだ多くのファイルは
表示の上で消去されているだけでまだ十分に復元できる見込みがあります。

また、レコーダーのハードディスクや本体に差し込みするSDカードに録画するネットワークカメラなどの場合は、
そちらの補助記憶装置をデータ復旧サービスセンターに提出して、ファイルを復元してもらうこともできます。

お使いのビデオカメラの製品でフォーマットされているファイルシステムがパソコンとも互換性があり、
SDカードをUSBカードリーダー/ライターで開いたり、USBケーブルをパソコンのUSBコネクタに接続して
リムーバブルディスクとして読み込みができれば、個人でPCからでも復旧できる見込みがあります。

誤操作で消去してしまった時、他のデータに影響はない?という疑問につきましては、動画ファイルのうちの
一個~数個を誤操作で削除したのみでしたら、他のムービーや写真のファイルは基本的にはそのまま残っています。

ビデオカメラのシステムの方も基本的には大丈夫です。

影響のない残ったデータ動画の一覧を見直して再生してみるか、SDメモリーカードを取り出して
パソコンで読み込んでバックアップしてみると、 他のファイルが大丈夫かどうかすぐに確認できます。




動画や画像データの復活

特にパソコンではなくデジタルビデオカメラ上の機能で動画や写真画像のファイルを削除した場合は、
「ファイナルデータ」や「フォトリカバリー」などの専用のソフトウェアの方が良いです。

大容量の映像ファイルを丸ごと、外付けHDDといった別のデータ記憶装置にコピーして復旧移動させる際に、
ある程度の空き容量も確保しておきます。

消えたファイルが大量にある場合は、十分に痕跡から拾い出せないものも多いです。

0バイトの状態や、画像や動画の半分ほどが破損した状態で修復されることもあります。

なおファイルが開かない際には、有償のユーティリティーの方を購入して使用したり、
専門のデータ復旧サービスに注文をされてみてください。

一度SDメモリーカードやデータディスクから映像データを削除されてしまった後は、残った容量の部分があっても
削除や上書きなどの操作は行わず、そのまま何も書き換えは行われないようにご注意ください。

試用の『体験版』をオフィシャルページからのインストールで入手して、ファイルが
検出できるかどうかを先に試してみることができる製品も近年では多いので、こちらを事前に使われてみるのもおすすめです。

「同じファイル」の一部分のみを削除していて破損した、という場合はデータ復元ソフトの機能では
対応されていないものが多いのですが、複数のファイルの何割かを削除した場合は、データのサルベージに対応されています。

同じファイルの部分削除で、前半、後半と二つに分かれた状態になっているような時は、
どのようにプログラムが破損しているかにもよりますが、同じ拡張子での損傷の場合は、
プロのデータ復旧サービスの方に出して診てもらわれた方がやはり安全です。