WMVの動画ファイルを修復するには?

マイクロソフトより開発・販売されて現在、動画圧縮コーデック (装置)・
ファイル圧縮形式の一つとしてWMA-[Windows Media Audio]オーディオコーデックと
共に広く普及しているWMV -Windows Media Video[ウィンドウズ・メディアビデオ]。

ビジネスのプレゼンテーションに使用したり、インターネットに投稿するためにビデオカメラや
ネットワークカメラで作成したりソフトウェアで編集していたこのWMVファイルをうっかり消去してしまったり
フォーマットして消してしまった時、どうすれば復元できる?という疑問について。

ネットワークカメラのSDカード

まず、WindowsのエクスプローラーやMac OS Xのマイファイルのウィンドウ上で
ムービーのファイルを誤って削除してしまった場合は、「ゴミ箱」のフォルダーを開いてみると、
そちらに移動していて、そこから引き出す形で修復できる見込みがあります。

※Mac OS Xの場合は、パソコン本体の内蔵ストレージのみならず、
ビデオカメラのSDカードや外付けハードディスクなど、外部のデータ記憶メディアに
保存していたWMAのファイルを消去した場合も、ゴミ箱に移行するのでそこから復旧できます。

また、保存していた場所が内蔵ハードディスクの内部であれば、
Windows 8/8.1の『ファイル履歴』やMacのTime Machineなどの機能を
事前にセッティングしていれば、バックアップされたデータから復旧させる事ができます。





DVD-RWやブルーレイ・ディスクなど他のマルチメディア機器に保存していた場合、
あるいは自動バックアップ機能で対象外のフォルダーに保管していたために
HDDから開かなかった場合は、AOSテクノロジーズの動画・画像復元ソフトウェア
フォトリカバリー』での復旧作業がおすすめです。

WMVファイルだけでなくAAC・AC3・MMF・MP3・OGG ・OMA・WAV・WMAなどあらゆる形式のファイル、
またデジタルカメラやビデオカメラの画像・映像ファイルも復元できる、大変便利なソフトウェアです。

また、アプリケーションのインストールなしでもDVD/USBブートから起動して復元ができます。

誤フォーマットでCドライブごと消去したり、パソコンが故障して正常に機能していない場合に、
別のパソコンにリムーバブルディスクとして接続して、
USB/DVDブートでスキャンを掛けてデータの回復を実行するのにも役立ちます。

しかし重度の機材の破損や形式ファイルの損壊といったアクシデントの場合は、
プログラム自体が認識されずに一般個人ではソフトウェアでの読み出しがきかないこともあります。

特にパソコンやデジタルビデオカメラに内蔵されている、
記録したハードディスクが故障した時は、個人で直すのはほぼ不可能です。

その際には専門のデータ復旧サービスセンターにて、プロのスタッフの方々に
動画のデータを取り出してもらう依頼をされてみることをお薦めします。



『「ビデオカメラ動画の回復」のカテゴリーの前後のページ』

«

»