Windows Mail(ウィンドウズメール)のデータを復元するには?

Windows Mail(読み:ウィンドウズ・メール)は
Microsoft(マイクロソフト)から提供されているメールサービスです。

XPのOutlook Express(アウトルックエクスプレス)の後継となるツールで、
旧OSのパソコンはWindows Vistaにアップグレードすることで使用出来ます。

また、『Windows Live Mail』(ウィンドウズライブメール)は更にその後継ソフトになります。

フォルダーのバックアップ方法

送受信箱などのフォルダーを間違えて削除したりパソコンが壊れた時の
事態のために、以下の手順でバックアップを取ることが出来ます。

まずはWindowsメールを起動して、メニューのツールから『オプション』を開きます。
詳細設定のタブで『メンテナンス』を押し、次の画面で『保存フォルダ』を開きます。

保存場所のダイアログボックスに表示された、
個人メッセージストアのフォルダーを右クリック:コピーをします。

そして、マイコンピューターの内部のバックアップ用に作ったフォルダーやUSBフラッシュメモリ、MO、
外付けHDDといった別のデータ記憶装置に貼り付けしてバックアップが完了します。

復元を行うには、Windowsメールのメニュー左側にあるファイル→インポートから
バックアップデータを引き出して、元に戻します。




失った個人メッセージストアを修復する場合

メールのバックアップファイルを保存していなかった場合は、「ファイナルデータ特別復元版」以降の
シリーズなど、一部のデータ復元ソフトウェアでの検出を試みる方法もあります。

.eml」と、WindowsMailの拡張子にソフトのプログラムが対応されていない可能性も
ありますので、アプリケーションソフトを購入される際にはなるべく新しく発売された
ソフトウェアを基準にして購入またはインストールを行われるのをお薦めします。

Windows Live Mail/Outlookメールなども同様に、メール復元ソフトの機能を試されてみることで、
消えたファイルを復旧できる見込みがあります。

また、受信・送信したメールやアドレスメモを削除または喪失した後で
別のメールがフォルダーに上書きされてしまうと前のデータが直せる確率が
どんどん下がりますので、できるだけ早いうちに修復作業を実行しましょう。

より安全に直していくには、プロのデータ復旧代行サービスに見てもらい、
ウィンドウズメールの復活作業を行ってもらわれるのが確実的な方法です。