Eメールの整理中にデータがなくなった時に復元するには?

Eメールのプロパティ画面を開いたり、送信箱や受信箱などのフォルダーを整理していたら、
誤っていつの間にか削除してしまったのか必要なメールデータがなくなって、そのあと送信後の
トレイにもメールが残っていなかった、場合のメールデータの復元方法は?というご質問について。

古いメールのチェック

まず、「古いアイテムの整理」といった項目でアイテムを削除するボタンに合わせて「OK」を押されてしまった可能性があります。

削除済みアイテムのフォルダー(ゴミ箱)を開いて、もしそちらに残っていれば、
必要なメールを選択して元の場所に戻します。

ゴミ箱のボックスに残っていなかった場合は、ファイルの整理中に
他のフォルダーへ古いアイテムを移動してしまった可能性もあります。

受信箱や送信箱、下書き、迷惑メールフォルダーなどを順番に見ていったり、
エクスプローラー画面などの場所で検索をかけてみてください。

また、クラウドサービスを導入していてメールの設定をしていたり、データバックアップソフトなどでの自動保存の設定を
施されている場合には、それらの保存先のフォルダーを開いてみると予備データが見つかる可能性もあります。




ネットワーク上のサポート

インターネット上のポータルサービスのメールクライアントを使っていて独自ドメインやレンタルサーバーのスペースなどを
契約している際、たとえばメールアドレスを別のものに変えて更新のお知らせを見なかったため、
有効期間の日付を過ぎて契約の更新と料金の支払いを済ませていなかったらそのままアカウントが消えて
ファイルマネージャーのログも消えてしまった、というケースも、データの整理中に重要なメールの削除などのミスで起こりえます。

一か月以内に再ログインすればログのデータを復活できるサービスなどもあります。

三か月ほど経ってしまうと残念ながらログがなくなってしまうケースが多いです。

過去にエクスポート機能でEメールなど、ポータルサービスのバックアップを
行われていたかどうか、確認もされてみてください。

レンタルサーバーやドメインの契約サービスの方へ伝えてみたり、自身の所持しているコンピューターではないため
難しいですが、もしかするとデータの復旧の措置を請け負っていただけるかもしれません。

また、コンピューター上の拡張子ファイルなどの形式を変更して、
様々なアプリケーションプログラムで開けるようにするデータ変換の機能の誤作動により
タイトルや本文テキストが文字化けしていたため気づかなかった、という可能性もあります。

EXCEL(エクセル)やWORD(ワード)、ACCESS(アクセス)、一太郎、など、
作成したファイルの添付をする際に、そちらの拡張子が文字化けするケースもあります。

文字化けを発見したらテキストエディタなどで文字コードを一通り変更して試してみましょう。

破損したプログラムファイルの復元は変換ソフトでは通常行えませんので、
その際にはデータの復活サービスにて行ってもらってみてください。

Outlookメールやサンダーバードといったパソコンにて使用しているメールソフトで扱っているEメールの場合は、
『ファイナルデータ』といったデータ復元ソフトをDVDブートで起動してメール復元の機能でのドライブのスキャンを試されてみてください。

これらのアプリケーションの機能でも、なくなったメールが元に戻せない時は、パソコンまたは内蔵のハードディスクを、
専門事業のデータ復旧サポートセンターに提出して、消えたメールのサルベージをしてもらわれることを推奨します。