ワープロソフト作業中の上書き保存はこまめに

一昔前に一般的に使用されていた文章作成機のワードプロセッサ
【ワープロ専用機】は現在では中古市場を除き新規製造と販売が終了されています。

そしてWindowsが世間一般に普及されるとともに、専用機の代わりとなるワープロソフトは主に
一太郎やMicrosoft Word・表計算のExcel等がアプリケーションプログラムという形で広く使われています。

パソコンがワープロのかわりになりつつ、それと同時に作成した文書データの保存も拡張子ファイルで作ります。

WORDや一太郎など広く普及しているソフトウェアから、少しマイナーなソフトまで、様々な形式で
作成されているのですが、基本的にPCの拡張子ファイルという点ではどれも同じです。

これらのユーティリティソフトを用いてテキストを作成する時、一番気を付ける必要があるのが
「こまめな上書き保存」です。

文章作成ソフトには自動バックアップの保存機能が付いているものもあります。





Wordや一太郎、その他のワープロソフトでフリーズや強制終了・停電といった予期せぬアクシデントが
起きて上書き前に途中で止まってしまった場合、予備の自動更新保存の機能が働いて、
次にアプリケーションを開いた時に上書き保存ができなかったデータを復元できる可能性があります。

ですが、タイミングやトラブルによっては自動保存機能が使えない事もあり、
それまでに書き込んだ分のテキストが必ず修復できるとは限りません。

また、前回の保存時から先の失った分は、データ復元プログラムでもほぼ直す事ができません。

他の多くのツールにも当てはまる事なのですが、特にワープロやグラフィックなどの
ファイル作成ソフトを使われる時にはなるべく頻繁に上書きを行いましょう。

Wordや一太郎で作ったテキストファイルが消えて無くなってしまった場合は、
専門のデータ回復サポート業者の方で修復してもらわれてみてください。



『「上書き保存を元に戻す」のカテゴリーの前後のページ』

«

»