データの書き込み中のエラーを修復するには?

アプリケーションソフトやオプションツール・インターネット上の機能等で作成した
拡張子ファイルをパソコン内のCドライブやDドライブDVD/CD/BDに書き込みをしている最中に
CD 書き込みウィザードを完了できません』といったエラーメッセージが表示されて
中断してしまったり、正常にデータの記録ができなかった場合の対処方法について。

CD-R

記録に足りる空き容量の確認

まず、書き込む際にエラーが出た場合は他のアプリケーションを全て閉じて、
メモリとCPUの使用に必要な量を確保してみてください。

またHDDやCD/DVDディスクの空き容量が足りているかもチェックされてみてください。

空き領域が少なかったりギリギリである場合、記録するデータの総量が大きいほど作業途中で
データ書き込みエラーが発生し、保存のための動作が中断されてしまう可能性があります。

CD-RWやDVD-ROMなどの複数のディスク媒体に対応されている最新の
コンボ・ドライブCombo Drive)であるほど書き込みトラブルも少ないですので、
余裕があれば新しい装置に交換されてみることも考慮してみましょう。

デバイスのドライバに問題があるときは、コントロールパネルのデバイスマネージャーを開き、
DVDドライブの項目を削除(アンインストール)して再起動すると、
多くの場合でエラーが修復できます。




ディスクへの書き直しができない場合

ハードディスクやUSB・MOでしたら失敗してももう一度書き直せるのですが、
CD-RやDVD-Rの場合は一度データ書き込みエラーが起きてしまうとファイルの書き直しができません。
(CD-RWやDVD-RWは初期化させる事でやり直しができます)

他のデータやシステムにも影響が出る可能性がありますので、特に大容量のプログラムファイルを
書き出しされる時にはできるだけ記録媒体やメモリの容量に余裕を持たせる事も大切です。

また、クラッシュしたファイルのリカバー作業を行う際にはなるべく
専用のデータ復元ソフトウェアやサービスを利用するようにしましょう。



『「CD-R/RW」のカテゴリーの前後のページ』

«

»