インターネットのブラウザの閲覧履歴は復元できる?

Microsoft Edge(マイクロソフト・エッジ)やIE(インターネット・エクスプローラー)、
Google Chrome(グーグル・クローム)、FirefoX(ファイアフォックス)といった
インターネットブラウザ(web browser)で閲覧したホームページの履歴が、

時間の経過、長時間のアクセス無しなどでいつの間にか消えてしまった場合、またCookie (クッキー)による
記録がウイルススキャンの監視設定による隔離で削除されてしまったり、『お気に入り』(ブックマーク)を
うっかり間違えて消してしまった時には、どうすれば履歴データの復元ができる?という疑問について。

保管されているフォルダーの確認

こちらのページでは、Microsoft EdgeやInternet Explorerでの事例を解説いたします。

まずお使いのパソコンの内蔵ハードディスク(Cドライブ)のユーザーアカウントごとに
「Documents and Settings」(ドキュメント)などの特殊フォルダーにある
「お気に入り」や「クッキー」をバックアップして保管しておくのが一番確実です。

しかし、やはりうっかりコピーをしていなかった、ということも少なくはない事例です。

またMicrosoft EdgeやIEのインターネットオプションの設定でウィンドウを閉じた瞬間に、
すべての履歴が削除される設定にしていた、ということもよくあります。

特に他の方も使用するのパソコンでは多い事例です。




Cookieの保管先のフォルダーの位置

それらのトラブルに遭われた際には、以下の復元の手順や設定をお試しください。

Cookieの保管場所はC:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settingsの
Temp(Temporary Internet Files)のフォルダに保管されています。

またIEメニューのツール⇒インターネット オプション⇒[閲覧の履歴]にある設定
⇒「ファイルの表示」から見ることもできます。

お気に入りは星マークのフォルダ内に保存されています。

クッキーの方は互換性があまりないため、基本的に特によく見るページは
「お気に入り」に加えておかれることをお薦めします。

インターネット一時ファイルと履歴の表示オプション

ちなみにこのインターネット一時ファイルと履歴の表示オプションでは、
フォルダーの移動やオブジェクトの表示、Webサイトの一覧を何日間
Microsoft EdgeまたはIEで保存するかを設定する、などができますので、用途に合わせてご使用ください。

工程が難しそう、という場合には、専門業者のパソコン修理サポートセンターや
データリカバリーサービスにて、ファイルの復元までの代行作業を行ってもらうこともできます。

ウィンドウズのパソコンの場合

Windowsの場合は復元ポイントの期間内でしたら[システムの復元]などの
保存機能を事前にオンに設定されていれば、タイミング次第で元に戻せます。

ですが、ポイント日以降に作成されたファイルなどは必ず
ウェブブラウザなどの記録をバックアップしてからデーターの復元を行われてください。

しかし履歴が削除されてから時間が経過するほど痕跡が自動的に消えてしまい
修復が困難になりますので、なるべく早い段階での対処が重要です。

Androidのモバイル端末で使用するGoogle Chromeの場合も、パソコンと同様に、ブラウザ画面の右上の管理用メニューから、
履歴などの設定を行えます。

拡張子の痕跡データからの復元

また、使用サービスで使われているパソコンの多くは、シャットダウンや再起動をしたら
すべてのシステムやデータが前回起動前の状態に戻るように設定されていると、
システムの復元やWindowsのファイル履歴などの機能もほぼ使うことができません。

マイクロソフト・エッジやインターネット・エクスプローラーなどインターネットブラウザの閲覧の履歴や
お気に入り、cookieなどの保存データがエクスプローラーで目視で確認できる
特殊フォルダー上から消えてしまった後でも、まだ実際にはハードディスクのセクタには、
拡張子の痕跡がまだ後から入るデータに上書きされずに残っている可能性も高いです。

すぐにパソコンの使用をやめてCドライブとして使っているハードディスクを一度PC本体から
取り出して、専門業者のデータ復旧サービス会社の受付に出して、検査をしてもらった後に、
消えたデータの復元作業を行ってもらわれることをおすすめします。