ハードディスククラッシュのデータ復旧は迅速に!

近年、『ハードディスクドライブ』(Hard Disk Drive)はパソコンだけでなく、
サーバや外付けHDDケース、RAIDケース、NAS(TeraStation、LinkStation、LANDISKなど)
といった様々なデジタル機器に内蔵されて、保管データの大容量化が可能になりました。

しかし幅広い機材に普及が始まったその分、急なハードディスクのクラッシュによる
物理障害で故障してしまう事例も多くなってきています。

ハードディスがクラッシュした時の状態とは?

もしコンピューターの稼働中にカリカリ・・・と突然、異音が鳴り出したら特に要注意です。

まだ何とかHDDが正常に動いている状態でしたらすぐにバックアップを行うことが大事です。

または、事前に自動更新で差分バックアップを行う機能を設定しておけば、
内部のデータが読み込めなくなりファイルなどを損失してしまうアクシデントを防ぐことができます。

しかしパソコンなどのOA機器自体が起動しても完全に立ち上がらなくなった時は、
ハードディスクのクラッシュが起きている状態で無理やり起動させようと、
何度も起動やリセットを繰り返して壊れたHDDを下手に回転させると危険です。

HDDの故障で発生する問題とは?

HDDのクラッシュの影響で回路の部品に歪みや折れ曲がりが出ている場合、
モーターやヘッド、ディスクに傷が付き続けて、ハードディスクの簡単な修復を試する前に
余計に破損を悪化させてしまい、復旧を困難にしてしまう恐れがあります。

また、壊れたHDDを長時間放置していても徐々に湿気や小さいごみが充満する危険もあります。

HDDは一度物理障害でクラッシュしてしまうと、ヘッド障害だけでなく
インターフェースやコントローラーボードの破損くらいの故障でも、
一般個人では修理をすることができず、専門業者でも高額になるか、直すのが難しくなります。

RAIDのディスクアレイの一台が故障したら?

RAIDケースやRAID機能を使用して冗長化(redundantize)している状態であるNASの場合は、
一つのハードディスクが壊れた段階であれば、まだ代わりのHDDに交換してリビルドすることで元に戻ります。

しかし、特にRAID1(レイドワン/ミラーリング)で組み込んでいる場合は、
一台のHDDがクラッシュして使用できなくなると冗長性がなくなり、後がない状態になるので、
すぐにでも替えのハードディスクを換装してディスクアレイを再構築されることを推奨します。

長期間の放置で起こる電子抜けの破損とは?

USBメモリなどを含むデータ記憶ストレージでは、何年、何十年、とそのまま放置していると
自然現象的に「電子抜け」というアクシデントが起こり始めて、データの構成が崩壊して
いつの間にかファイルが消えている、というトラブルも起こりえます。

そのため、定期的にハードディスクやメモリーカードは、パソコンなどに接続して、通電を行われてください。

外付けHDDの中身の領域のデータが見えない時の復旧については、こちらのページにて。

またHDDの通電をすることで、自然と内部に充満しやすいわずかな湿気を抜き取る効果もあります。

コンピューターに置き場に問題があるケースとは?

また、普段ハードディスクなどのストレージ媒体を保管している場所も、
高熱や低熱、電磁波、直射日光、水気などが掛かりやすいところだと
機器が傷んで故障が早まってしまう危険があるので、置き場にも注意が必要です。

RAIDケースやRAID機能を備えたサーバやNASでも、配置されている場所が、機械が弱い要素のある所だと
故障が発生しやすくなるため、上記のような場所に電子機器を設置されないようご注意ください。

データ復旧のサービスでファイルを取り出ししてもらう

HDDのクラッシュからの復旧』の対処法は基本的に、
壊れた箇所を修理することではなく、今までに書き込んだデーターを取り出ししてもらう方法になります。

データ復旧業者の方へ壊れたハードディスクドライブを送付して、
で清潔なクリーンルームにて、内部の部品の分解によって読み込んでもらい、
他の二次記憶装置にコピーして移行してもらう「データリカバリー」の作業を指します。

そのため、ハードディスククラッシュが発生したら専門のデータ復旧サービスにて、
故障の査定と分解による取り出し作業を行ってもらうことが、
失ったファイルの取り戻しを成功させる可能性を上げる、一番の方法になります。