電子機器や部品が衝撃などで壊れた時に修復するには?

自宅の仕事部屋や個室、自社・事務所内のルームや倉庫といった室内にパソコンやモバイル端末、カメラ、
サーバやNAS、それらの周辺機器といった数多くの機材をおいてしばらく使っているうちに、
机の上やパソコンラックの周囲には次第に電子機器やその部品、付属品といった物が増えていきます。

ある時、もしこれらの機器をうっかり踏みつけたり、物が倒れた衝撃で破損させてしまったら、
後から壊れた部分を修復したり、ストレージにあるデータを復旧することはできる?という疑問について。

電子機器が衝撃などで故障するトラブルとは?

リムーバブルディスク、PCのパーツ、コード、リモコン、デジタルカメラ、DVDやCDのディスク、マウス、
ペンタブレット、カバーケース、アダプター、マウス、キーボード、雑用品といった物が足元に散乱してしまうと、
椅子に座る時や立ち上がる時に邪魔になってしまい、また急に他の人が室内で移動することにも不具合が生じやすくなります。

そして足元で机やパソコンラックと壁の間に、もしも貴重な機材などが落ちたり挟まってしまうと、
衝撃で故障したり、他の物や壁との圧迫によって、いつの間にか破損してしまうおそれもあります。

また、ドアや窓の開け閉めの時に、物が挟まっていて、それに気づかずに割って壊してしまったり、
上階から落としてしまう可能性もあります。

ですが、パーツが壊れたり電源の遮断でシステムが破損するなどのトラブルが起きた時には、
まだ適切な対処をするか、専門のパソコン修理サービスにて修復の作業を行ってもらうこともできます。




室内の機材の配置場所で問題が起こる場合とは?

また室内の机や床に色々な物が散らばっていると、人の出入りやドアの開け閉めの際にうっかり踏んで
機材が破損したり、足のケガの元にもなりかねず、いつどんなトラブルの原因になってしまうかもしれません。

強めの地震が起きたり、窓を開けている時に強風が来ると、机の上の物が落ちてやはり精密機器の故障や、
足の負傷といったアクシデントが出るおそれがあります。

また、貴重品や高価な物がそのまま自社内やオフィスのデスクや床に置かれていると、
セキュリティ上の問題にもなりやすいです。

電源ケーブルが折れたり圧迫で破損した時は、特殊な製品の付属品でしたら、
メーカー先に問い合わせて、取り寄せをして同じものを交換する必要があります。

コンピューターの作業部屋の清掃と破損したケースの修復

上記のような数多くの理由から、コンピューターの作業場の内部はやはり定期的に掃除をして、
机やテーブルの上の足場を整理されてみてください。

特に重要な物は棚や引き出し、金庫といった場所に保管して整理整頓を行って、
出来る限りきれいに室内の機材を使っていくことも大切になります。

電子機器の筐体のケースのみが割れただけであれば、大抵はそのまま使い続けることができます。

あるいは、部分的に接着剤か固定テープで付け直すか取り換えをして、修復ができることもあります。

また、外付けHDDやUSBメモリ、SDカード、SSD、RAIDケースといったストレージが故障して、
必要なファイルやフォルダーがまだ残っていて、引き出しをしてもらいたい、という際には、
デジタルデータリカバリー様といった、プロのデータ復旧の事業で取り出してもらうこともできます。



デジタルデータリカバリー

パソコンや周辺の機材や部品の整理で注意することは?

電子機器が増えすぎてきた時には、要らなくなったものは処分して、
また整理が追い付かない時には棚や収納箱を増やしておかれると、大分日々の整理が楽になります。

エレコム(ELECOM)といったコンピューター関連設備の販売店舗では
備品整理にも役立つ様々なアイテムが発売されています。

その際、間違えてメモリーカードやハードディスクドライブといった貴重な電子機器を、
うっかり捨ててしまわれないようにご注意ください。

また、幅の薄いメモリーカードや、液晶モニターの付いている装置を圧迫して収納すると、
破損するおそれがあるため、スペースには余裕をもたせておくことも大切です。

パソコン修理サービスで壊れたマシンを直してもらう

長時間、パソコンやサーバ、NAS,外付けHDDといった、据え置き型の電子機器を、
日光の当たる場所や、湿気の多いところ、また熱気や冷気がかかりやすい位置や、
電磁波を出す家電製品の近くに置くと、故障が発生する確率が高くなります。

もしすでに何かの機材が故障していてだいぶ時間が過ぎている場合には、メーカーの受付や
私設のパソコン修理サポート店に問い合わせて、見てもらわることもおすすめします。