外出先のパソコン本体で周辺機器が開けない時に復旧するには?

自宅や自社のパソコンでない別の場所で、貸し出しや使用のサービスで置かれているパソコン本体に
USBメモリやカードリーダー、外付けHDD、外付けドライブ装置などを接続したり、
またはスマートフォンやタブレット端末を同期して読み込む際に、周辺機器が正常に開けかなったり、
デバイスが認識しない時にはどうすれば読み込みを復旧することができる?という疑問について。

デバイスの認識ができなくなるトラブルとは?

まずよくあるケースとしまして、デスクトップパソコン本体の正面に位置しているUSBポートに、
USBメモリやUSBケーブルを差し込みした場合、コネクタの種類の対応の違いなどでデバイスが反応しない場合があります。

その際には、パソコン本体の後ろ側に、USB3.0などの規格に対応されているUSBポートがあり、
そちらの方に差し替えすると正常に認識できることもあります。

デバイスドライバが古いためと見られる場合には、インターネット上からアップデートを試みて、
最新の状態に更新を行ってから、復旧ができるかどうかのチェックをされてみてください。

重要なパーツやシステムがなくて支障が出る場合とは?

また、グラフィックボード(ビデオカード)といった特殊なパーツが搭載されていないパソコン本体の場合は、
一部の機器やユーティリティーが正常に開かないことがあります。

ノートパソコンの場合は、USBポートの数が限られるため、他の装置と交替で使用するか、
複数のUSBポートがあるUSBハブを使用されてみると、復旧できることがあります。

スマートフォンやタブレット端末の場合は、同期する際の専用の管理ソフトウェアが
インストールされていなければ、普段の際の一部の機能は使用できないこともあります。

デバイスマネージャーでの表示の状態の確認

次に、Windowsパソコンの場合は、コントロールパネル→デバイスマネージャーの画面を開いて、
「ディスクドライブ」「ユニバーサルシリアスバスコントローラー」などの項目を開いて、
USB接続をしているデバイス装置の名称が表示されて認識されているかどうかを確認します。

かなり古いパソコン本体の場合は、マザーボードやメモリといったパーツが、
新しい規格の周辺機器に対応されていないために開けない可能性もあります。

デバイスを一旦アンインストールして復旧する方法とは?

エラーの表示が出ている際には、そのデバイス名を選択して、右クリックをして
「デバイスのアンインストール」をします。

対象の周辺機器をコネクタから取り外して、パソコンを再起動して、再度接続をされてみてください。

物理的に破損が出ている機器の場合は、デバイスのアンインストールをしても直らない可能性が高いです。

長距離での移動をした場合には、持ち運びの間に強い衝撃や圧迫がかかったり、
雨水が浸みこんだりして、機器が破損してしまうケースがあります。

そのため、安全性の高いカバーケースや収納袋などに入れて、持ち運びをされることが大事です。

パソコン修理サポートのサービスへ提出をする

機器自体が故障してしまっていると思われる際には、メーカーのカスタマーサポートに問い合わせて
修理の依頼を出すか、または私設のコンピューター機器の修理サービスに注文をして、
直してもらわれることをお薦めします。

すでに大事なファイルが保存されていて内部から取り出しをしたい、という際には、
専門のデータ復旧サービスセンターにて、見てもらわれることもお薦めします。