デスクトップパソコンの差込口で機器が読み込めない状態から修復

デスクトップパソコンの本体のケースに配置されている、USB用のポートやディスプレイ用のポートなどの
複数のプラグの差込口に、必要なパーツのコードや外付けの周辺機器の付属ケーブルを差し込みしたところ、
なぜか正常に認識されず読み込めない時には、どうすればアクセスできる?という疑問について。

接続するUSBコネクタの位置がずれていたら?

まず、ポータブルHDDやカードリーダーなどでの、差し込みをしているコードまたは機器のプラグが正常な向きで、
かつ対応されている種類のコネクタにしっかりと差し込まれているかどうかを、ご確認ください。

特に古い、もしくは新しいUSBメモリやUSBカードリーダー/ライターは、差し込みするポートの位置を間違えると、
USB2.0と3.0といった規格の違いで、デバイスの認識が正常にできない場合があります。

USBハブや延長コードを通して接続した場合は、一度取り外しをして直接デスクトップパソコンの本体に繋げたり、
別のUSBポートに差し替える、または一度パソコンを再起動(Restart)して、再度読み込みをされてみると、
周辺機器(Computer peripherals)のアクセスの状態が修復されることも多いです。




プラグの差し込みの状態をチェックする

次に、差込口にホコリやごみが詰まっていたり、
デスクトップパソコン本体のケース(筐体)とプラグを接続する際に異物が挟まっていた場合について。

間に異物が入っていると、デバイスが正常に読み込めないことがあるため、
長く使っているパソコンや機器の場合は、コネクタから様子を見直して、
コンピューター用のクリーニングキットを用いて差込口とその付近の掃除をされてみてください。

また、デスクトップパソコンのスペックやOSの調子によっては、コネクタに差し込んでから
新しいデバイスが認識されて使用できるようになるまで、少し時間がかかることもあります。

新しく購入した外付けハードディスクやポータブルSSDといった、未使用の製品の場合は、
デバイスが認識されてもまずは一度、クイックフォーマット(formatting)を行う必要がある場合もあります。

デバイスドライバを再度インストールする

また、Windowsのパソコンの場合は、コントロールパネルにあるデバイスマネージャーの画面で、
現在のデバイスドライバの調子をチェックすることができます。

デバイスマネージャーの画面の一覧で、接続の問題が出ている対象の機器の名称に、
エラーのマークや「不明なデバイス」といった文字が表示されていましたら、
そちらを選択して右クリック⇒「削除」または「デバイスのアンインストール」を実行します。

そして、一度オペレーティングシステムを再起動(リブート)して、
もう一度ソフトウェアの画面を立ち上げます。

また、ハードウェアのデバイスドライバが読み込めない時の解決手段について詳しくは、こちらのページにて。

OSを再起動すると復旧することが多い?

そしてパソコンに繋げている外部の電子機器のコードを一度取り外して、
Windowsを再起動してから、もう一度プラグをUSBポートといった差込口に接続し直すと、
デバイスドライバが再度インストールされて、今度は正常に認識できる場合があります。

または、デバイスドライバをインターネットを通して、最新のバージョンへアップデートします。

TeraStationやLinkStationなどのNAS(ネットワークドライブ)のシステムに「復旧モード」といったエラーが発生した場合は、
パソコンからメーカー先のファームウェア・アップデーターのダウンロードページに入ります。

そして専用のファームウェア・アップデーターを入手して、
PC上からネットワークを通してアップデートして、エラーの修復を試みてください。

パソコンのパーツや付属品が破損していたら?

次に、USBケーブルやディスプレイケーブルが折れ曲がっていたり切れかかって断線していたために、
ハードウェアのデバイスが認識できないと見られる場合について。

まず、メーカーから対応されている付属のケーブルを取り寄せするか、
そのインターフェースに対応された市販のコードの製品を購入して、付け替えをすることで、
読み込めない状態を直してみる必要があります。

デスクトップパソコンの本体のコネクタがあるマザーボードやインターネットカードといった、
パーツ自体が故障している場合は、PCケースを開けて新しい部品に交換する形で、
パソコンや機材に関連するシステムの故障を修理する必要があります。

パーツの換装作業が難しそう、という際には、プロのパソコン修理サービスセンターに問い合わせて、
PC本体を持ち込みか郵送で送付して、リカバリーの代行作業を行ってもらうこともできます。