電源ケーブルを安易に抜くのはPCに危険?

パソコンがフリーズして動作が止まってしまい、マウスポインタもキーボードもまったく操作が
受け付けなくなった時は、いきなり電源ケーブルやACアダプターを引き抜いて、無理に
PCやモバイル端末などを止めてしまうのはとても危険が伴いますので安易に行ってはいけません。

Type-Cアダプタ―

電源プラグの取り外しは最終手段

パソコンはOSシステムと、無数の複雑なプログラムファイルを読み込んで常に動作しています。

停滞したように見えるハングアップの状態の時もまだ、コンピューターでは
動作処理の作業中である可能性もあります。

その状態の時に電気の供給をいきなり切ってしまうと書き込み中のデータや
アプリケーションソフトウェアを論理的に壊してしまう危険があります。
特にWindows OSが損壊してしまったら一大事です。

また、上書き保存前の作成データも前回保存時の状態まで消えてしまいます。





フリーズが長時間続く際には、本体のリセットボタンを押すか、
電源ボタンを5秒以上押し続けることで、大抵は安全に電源を落とすことが出来ます。

もし、この手法でも止まらないようでしたら、
最終手段として電源プラグを抜く方法を取られてみる事をお薦めします。

もしも電力の供給が途絶えたショックでハードディスクやリムーバブルディスクの
書き込みデータが認識できなくなったりファイルやシステムが壊れる、などの
トラブルが出てしまった時はそれ以上はコンピューターの稼動を控えて、一度作業を止めましょう。

そして出来るだけ早めに専門のデータ復元サポート店で診てもらいましょう。
前回更新分から先の保存前データも残っていれば、一緒に回復をしてもらえます。



『「故障の診断・検査」のカテゴリーの前後のページ』

«

»