コンパクトフラッシュ(CFカード)のデータを復元するには?

デジタルカメラやハンドヘルドコンピュータのデータ保存用カードとして
使用されている、SanDisk社のコンパクトフラッシュ【CF・CompactFlash】に
保管していた写真画像などのデータファイルを間違って削除するなどで
消えてしまったら、どうすれば復元できる?という疑問について。

コンパクトフラッシュメモリーカードはカメラの写真現像取扱店やコンビニのコピー機で
現像される方も多いのですが、UBSカードリーダー/ライターなどの専用接続機器を通して
パソコンからCFカードの内部フォルダを読み込んで復旧することも可能です。




CompactFlash内ファイルの修復

接続語デバイスドライバに正常に認識された後にマイコンピュータ上では
リムーバブルディスク(E,F,G,H,I~のいずれか)として表示されます。

ハードディスクドライブの外の記憶領域であるため『システムの復元』では
コンパクトフラッシュメモリーカードの消去されたファイルは元に戻らないのですが、

そのかわりに株式会社ジャングルの『完全復元プロ』や
AOSテクノロジーズの『ファイナルデータ特別復元版/乗換優待版
といったデータ復元ソフトを購入/セットアップして修復を試みることが出来ます。

CFカードの規格自体が損傷していなくて正常に読み込みできれば、
中身のフォルダをスキャンして、痕跡からソフトウェアの機能で復元を行えます。

ファイルの復旧が失敗する可能性

100%可能というわけではなく、一部の画像が破損して復元される、というケースもあります。

一度写真画像が消えてからまた新しい写真を撮って上書きするなどで別のファイルを
書き込んでいると、前にあったデータの痕跡が消えてスキャンによる発見ができない可能性も
ありますので、データーを失った時はすぐに復元作業を行うように気をつけましょう。

また、コンパクトフラッシュメモリーカードそのものが物理的に破損して
パソコンからの読み込みができない場合は、専門のデータ復旧センターにて
中身の記憶部分からの取り出し作業を行ってもらうことで元に戻せます。