could not be found.Please Checkから修復

Microsoft Windowsのパソコンが突然、電源を起動しても画面が真っ黒になってしまい、
たとえば専用の起動ディスクなどを読み込みしても」プロセッサパッケージの部分で、
~could not be found.Please Check the neme and try again」とエラーのメッセージが出て
正常に操作できない場合は、どうすれば問題を修復できる?というご質問について。

could not be found.Please Checkの問題とは?

まず、BIOS(バイオス)の画面や、Windowsのロゴ画面が開く状態であれば、
おそらくOSの障害であるため、システムの復元や再セットアップで、ほぼ修復ができます。

ですが、画面が真っ黒で開けない状態であると、ハードディスクやマザーボードといった部品が
故障している場合があるため、新しいパーツを買って交換する必要が出ることもあります。

各種パーツは、パソコン修理サービス店や、コンピューターのトラブルサポートセンターにて、
換装の作業を代行してもらうこともできます。




ウェブブラウザを変更する

could not be found.Please Check the neme and try again」というのは、
ウェブサイトがサーバー上で問題が起きているか、お使いのウェブブラウザの
設定が合っていないために閲覧できない場合などに起こるエラーのメッセージです。

試しに、現在お使いのウェブブラウザを、たとえばGoogle Chrome(グーグルクローム)や
Microsoft Edge(マイクロソフト・エッジ)、mozilla Firefox(モジラ・ファイアフォックス)などに
変更して、画面を表示されてみてください。

そして各ウェブブラウザのメニューから設定画面を開いて、変更を行ってみます。

または今使用しているMicrosoft Edge、Google Chrome、Safari、Firefox、Sleipnir、Lunascapeなどの、
ブラウザが古い場合は、バージョンのアップグレードをされてみてください。

インターネットの接続の状態を修復する

パソコンの本体からワイヤレスのランプが光らない場合は、インターネットの設定が
正常にできていないか、電波が届きにくい位置にパソコンがあるか、
またはモデムや無線LANルーターの台数の制限などの理由も考えられます。

パソコンとルーターの電源を一度切って、PCを近くに置いてから部屋の窓を開けて、
再度接続してみると、アクセスの状態が修復できることもあります。

一方で、パーツのどれかが壊れてしまい、自身では交換が難しい構造のマシンで、
何とか内部の重要なファイルを回収しておきたい、という時には、
専門事業のデータのリカバリーサービスにて、復旧をしてもらうこともできます。




WindowsのOSをエラーから修復する

MicrosoftのWindows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のオペレーティングシステムに深刻やエラーや
カーネルの破損といった問題が起きている可能性もあります。

その際には、「回復」のメニューまたはシステム修復ディスクで使用できる、
システムの復元やコマンドプロンプト、上書きインストールといった回復機能にて、
ひと通りの修復の作業を実行されてみてください。

パソコン修理サービスで見てもらう

それでもやはり同じように「could not be found.Please Check the neme and try again」の
エラーが出てくる場合、同じマシンを長く使っていると、回路の故障などもやはり考えられます。

どうしても直らない場合は、メーカーのカスタマーサポートに問い合わせてみるか、
専門業者のパソコン修理サービス店に注文をして見てもらわれることをおすすめします。