ソフトウェアをインストールしてエラーが出た時に修復するには?

アソフトウェアのプログラム、またはインターネットからデータ保存をしたツールを
インストールしたあとで、エラーが発生した場合の原因と修復の方法は?という疑問について。
まず、ソフトウェアのパッケージや取扱説明書、マニュアルファイルに
記載されている動作環境の項目はご確認済みでしょうか?
最新のユーティリティーの場合、メモリやCPUの性能・容量が不足していると
正常に起動やインストールが正常にできなかったり、動作の問題が発生する場合があります。
またソフトウェアによってはグラフィックカード(ビデオカード)などの増設したパーツや
「Mircosoft NET Framework」(マイクロソフト・ネット・フレームワーク)などの機能が
起動と修復に必要な場合があります。
他に考えられる主な原因として、以下のトラブル状態が挙げられます。
・HDDの空き領域が足りずにローカルディスク内でのインストールができない。
・共有パソコンなどでのユーザーアカウントが制限付きアカウントに設定されている。
・一度アンインストールした後でフォルダや前のプログラムが残ってしまっているために
 正常に再インストールができない。
マイ コンピューターのシステムに問題が発生している。
・アプリケーションにバグが生じている。(初期バージョンによくある原因)
・インストールや周辺機器接続のマニュアル手順を間違えてしまった。
例えば、【別のプログラムがインストール中です。インストールが完了するまでお待ちください。
インストールが完了したら、このソフトウェアのインストールをもう一度やり直してください

とエラーメッセージが出る時は、
いくつかのエラー的な原因が考えられるのですが、まず、そのアプリケーションソフトを
インストールする前に 他のソフトウェアを少し前にインストールしていたり、または一度
プログラムの読み込みに失敗していて二重にインストールされようとしている可能性もあります。
一旦パソコンを再起動して、スタートのコントロールパネルの『プログラムの追加と削除』の
項目でおかしなアプリケーションが入っていないか確認してみてください。
セットアップしかけたソフトは一度アンインストールして、その上でもう一度インストールを実行してみてください。
それでも無理でしたら、スタートの『ファイル名を指定して実行』の検索枠に
msconfig」と入力して【システム構成ユーティリティ】の画面を開きます。
システムの復元を起動して少し前のポイントまでOSを引き戻すか、スタートアップのタブで一度
『全て無効にする』を選んで『OK』を押して、それから再度、ソフトのインストール実行をしてみましょう。
もしかすると不正なファームウェアの含まれているソフトであったり、
またはコンピューターウイルスがPCのOSに侵入しているおそれもありますので、
製作元に問い合わせをしてみる必要が出てくる可能性もあります。





Windowsをアップグレードする前に念のためにと、初期化したPCに複数の更新プログラムを
インストールした際、特定の更新プログラムが失敗し、それ以降のアップグレードが
全くできていないようなので、特定の更新プログラムのチェックだけを外したら、
それ以外のアップグレードは成功した、という場合のご質問について。
マイクロソフト・ウィンドウズで特殊な更新プログラムを手動でインストールする場合は、
大量のプログラムを一気に更新しようとすると、たまに順序が前後してしまうことがあり、
更新プログラムを大量に適用させる場合、一部のアップデートは順序に気を付ける
必要が出てくるケースもあります。
更新のインストールに失敗してエラーが出た場合は、前提条件としての更新プログラムの
有無を確認した方がいいこともあります。
やはりMicrosoft Windowsを新しいバージョンにアップグレードした時に、稀にどこかしらの問題が
出てくる場合もあり、アップグレード後、いくつかのツールが正常に起動できるようになったり、
逆に前に使えていたアプリケーションに少し不具合が出ていたりするケースがあります。
上記の要因を全てクリアしてもまだインストールが正常にできない場合は、
お使いのパソコンまたはOS・ウェブプラウザに対応されていない可能性もありますので、
出来ましたら他のPC環境でも試されてみてください。
どうしてもわからない場合はソフトウェアの開発元、または
パソコントラブルサポートセンターにお問い合わせをされてみることをお薦めします。