HDDのクラスタスキャンの時間を短縮するには?

パソコンをはじめとする電子機器に内蔵されているHDDや外付けのリムーバブル・ハードディスクドライブは
以前は10GB~80GB/160GB、多くて250GBくらいの容量が標準的だったのですが近年では
320GB/500GB/640GB/1TB/1.5TB/2.0TB/3.0TBもの大容量の製品が標準化しています。

その分CPUやマザーボード・ソフトウェアの性能も向上し、プログラムファイル読み取りが
高速化しているのですが、膨大なデータが書き込まれているHDD全体を復元ソフトウェアなどで
クラスタスキャンする際には、かなり膨大な時間がかかる場合も多いです。

最初からマイコンピュータすべての接続機器を検索するとそれこそ相当な時間を要します。

コンピュータの性能が良くないと、CPU等に負荷がかかったり作業途中で読み込みエラーが起こり、
強制的な作業中断(フリーズ)や故障が発生する場合もあります。





そのため、まずはCドライブのみ、またはさらに細かく、Program Filesのフォルダ、
Documents and Settingsのフォルダ、と一つ一つの領域おきにクラスタスキャンをされていく方が
安全かつ、効率的に作業ができるでしょう。

ソフトウェアによっては一度にドライブ全体のみでのみ診断ができるツールもあるのですが、
そういった場合は途中で一度中断して、数回に分けて電源のスタンバイと起動を繰り返して
行われるのも良いでしょう。

クラスタやセクタに不良箇所が出てHDDが故障する可能性を考えて、
中身の書き込みデータは必ず定期的にバックアップ保存をされることを推奨します。



『「故障の診断・検査」のカテゴリーの前後のページ』

«

»