買ってすぐ壊れたハードディスクのデータ回復は可能?

PCやLANDISK、RAID、レコーダーをはじめ様々なマシンに補助記憶装置として
使われているハードディスクドライブ。
(パソコンのマイコンピュータ画面でのアイコン表示はローカルディスク。)

HDDの製品寿命は平均的には5年とされているのですが、使い方や連続稼働時間、
高温、低音、湿度、電圧、強い衝撃といった要因が元で、それより早く異常が起こることもあり、
場合によっては購入してから数ヶ月~1年以内に壊れることもあります。




製造メーカーのカスタマーサポートで交換をしてもらう時は?

ここで特に注意すべきこととして、製品の保証期間内でしたら購入した店舗または
製造メーカー先のカスタマーサポートに出して交換をしてもらえます。

しかしハードディスクドライブは元々 消耗品ともいえる機材で、
特に物理的に中身がヘッドクラッシュやロット不良などで壊れたら
大半の場合で修理が不可能な、非常に故障に弱い機器でもあります。

特にカタカタ、と変な音が鳴り出したり、焦げ臭い異臭が出た後に完全に動かなくなったら残念ながら
自動的なハードディスク回復の見込みも、物理的に故障した回路を直すのもほぼ不可能です。

内蔵・外付け・パソコン以外の機器と、一度壊れると
どのハードディスクでも復活が非常に難しいことには変わりありません。

(運が良ければ一時的に回復することもあるのですが、下手に動かそうとすると
 かえって状態が悪くなる可能性が非常に高いため、無理に稼動させるのは控えてください。)

保存したデータを急に失うアクシデントとは?

技術の進歩とともにHDDの寿命や安全性も日々向上しています。

しかしいつ壊れてもおかしくはない、という点は常にありますのでデータ喪失の可能性にはご注意ください。

あまりに早く想定外の故障が起きたためハードディスクのバックアップデータを
取っていなかった、というトラブルのケースも頻繁に起きています。

また、自動更新のバックアップ機能を設定していないと、最近の上書き・書き込みデータが消えてしまうことも非常に多いです。

HDDからバックアップしたファイルから復旧する手法とは?

せっかく新しく買ったHDDが早々に壊れて直らなくなってしまうのは非常に残念なことなのですが、
中身のフルバックアップファイルを外付けHDDなどに保存していれば、
交換または買い替えで入手し直したハードディスクに移し変えて元に戻すことも可能です。

データのバックアップは、WindowsのエクスプローラーやmacOSのFinderを開いて、
手動によるコピー&ペーストを行ったり、ファイル履歴やTimeMachineといった標準搭載のバックアップ機能を使う、
また市販のデータバックアップソフトやデータ引っ越しソフトで外付けハードディスクなどに一括で保存したり、
クラウドサービスに登録してオンライン上に特定のフォルダーなどの自動バックアップを設定していきます。

ハードディスクの内部データが無事であるケースとは?

また、もしバックアップデータが無くても、物理障害で壊れたHDDのデータは、
そのまま記憶部分に丸ごと無事に残っていることも多いです。

※論理障害(誤ったファイルの削除やフォーマットなど)の場合も、データはまだ拡張子の痕跡のファイルが
 セクタの部分に残留していて、そこから拾い出す形で復元できる見込みがあります。

インターフェース(コネクタ)やHDDコントローラのボードといった外側のパーツが
破損しただけであれば、内部のプラッタ(円盤)は大体無事で、比較的軽度の障害で済みます。

データのレスキューサービスで見てもらう

そのまま壊れたHDDをまたはNASやサーバ、RAID、外付けHDDを見てもらうため、
まずは専門事業のデータ復旧センターにお問い合わせをされてみてください。

故障したハードディスクのデータは自分自身で復旧するのは不可能なのですが、
データ回復サービスのクリーンルームにて分解作業により抽出してもらい、
別の補助記憶装置にコピーをしてもらい取り戻すことが出来ます。